スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 臓器提供の意思表示

ここのところテレビや新聞では、家族の承諾による脳死臓器提供を認める改正臓器移植法
に関するニュースが報道されているように思います。
厚生労働省は10月4日、9月に日本臓器移植ネットワークのホームページを通じて意思
登録をした人の約3割が臓器提供を「拒否」したことを明らかにしたのです。
これは8月の登録者の1割から大幅に増えたということです。

ネットワークへの意思登録は臓器を「脳死と心停止のいずれの場合も提供」「心停止の
場合のみ提供」「提供しない」の3種類に分けています。9月は昨年度月平均の3倍以上
の6302人が登録していて、そのうち「提供しない」が29パーセントに上ったのです。

ネット登録は7月の改正法全面施行後に急増したそうです。拒否の意思表示をする人も増え
て、それまで2パーセントだった「提供しない」が8月の登録者では10パーセントに上昇
していたそうです。厚生労働省は「臓器の提供を望まない人が、積極的に登録をするように
なったからではないか」と話しています。

この臓器提供の意思については、テレビでも様々な意見が取り上げられていました。
もちろん「提供しない」という人も多かったのですが、「自分の臓器が元気であれば、
病気で苦しんでいる人を助けたい」という意見も少なくはなかったのです。
家族が承諾するに関しても、かなり悩まれることだと思うのです。
意思は個人個人で異なります。難しい課題かもしれませんね。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルで理解できる
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年7月号のご案内
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

フリーエリア
プロフィール

2oo9

Author:2oo9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。