スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 業務に支障なし?

「裁判員制度」は、もうすっかり定着しているのでしょうか。
この制度が話題になったときには、国際通信社から発行されている雑誌にも
紹介されていたような気がします。

全国で現在までどれだけの人が裁判員に選ばれたのかは分かりませんが、
裁判員に選ばれた人は「仕事を休むことができない」「仕事に穴を開けることが
できない」と考える人も多いようです。仕事以外でも家庭の理由や、現在自分が
置かれている立場から裁判所に足を運ぶことができない・・と考える人もいるでしょう。

先日、ある新聞社が主要企業100社にアンケート調査を行ったそうで、その結果が
記事に載っていました。
社員が裁判員や裁判員候補者を勤めたことを把握していた30社のうち9割の27社が
「業務に支障はなかった」と回答したのだそうです。
社員が裁判員を勤める際の休暇制度を整えている企業は回答企業の9割を超えていて、
社員が参加しやすい環境作りが進んでいる実態が浮かんだということです。
「まったく支障はなかった」と回答した企業が13社あったものの、中には「あまり支障
はなかった」、「ある程度支障が生じた」と回答した企業もあったようです。

工場や商売をしているような人にとっては支障が生じる可能性は高いのではないかと
私は思っています。最近ではあまりテレビで裁判員制度の詳しい内容を説明する、という
ことはないように思うのです。もうすっかり定着しているのでしょうね。


国際ジャーナル批評
ペットジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

フリーエリア
プロフィール

2oo9

Author:2oo9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。