スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 地震の世紀

2010年1月、カリブ海のハイチ共和国で、M7.0の大地震が発生しました。

死者は約20万人にも達し、単一の地震災害としては、スマトラ沖地震に匹敵する
規模となりました。

さらに今年4月14日、中国西部の青海省玉樹チベット族自治州玉樹県でM7・
1の地震が発生し、家屋の倒壊などで、現在死者が2000人以上に上っているそう
です。

ハイチは貧富の差が激しく、地震が発生しても富裕層は生活物資の入手も困難で
はないのですが、貧困層は家屋が倒壊した上、政情が不安定なこと、社会的基盤
が弱いことなどから、救援物資もろくに手にできない状況になっています。

中国の地震も、発生した地域が少数民族のため、言葉の壁が障害となってコミュ
ニケーション不足で救援が難航し、また高地のため寒さで高山病が続出している
そうです。

2月にはチリで発生した地震のため、日本にも津波が押し寄せ、東北地方ではカ
キなどの養殖に被害が出ました。

このため、政府は養殖施設の復旧のため、国の補助をかさ上げする「激甚災害」
指定を閣議決定しました。

世界規模で、巨大地震の時代がやってきたようです。2010年4月号の記事に
「防災対策か被災対策か── 地震大国に求められること」というのがありました


あらゆる方面から地震に対する意識を高めなくてはいけない時代になったようで
すが、社会基盤の強化、というのは間違いなく重要なことだと思われます。




経済情報誌 報道ニッポン 2009年6月号のご案内
国際ジャーナルを発見 国際ジャーナル 現代画報の取材で村野武範氏と対談しました:千葉県香取市で建築・注文 ... 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社の国際ジャーナル 現代画報のグラビア雑誌 国際ジャーナルの求人 国際ジャーナルを見る: 国際ジャーナルと掲載企業 元「光GENJI」赤坂 ... 国際ジャーナルを求めて:国際通信社 和歌山で高校教師が女子高生を盗撮 国際ジャーナルの掲載企業 wiki
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

フリーエリア
プロフィール

2oo9

Author:2oo9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。