スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル 生徒の父に差別文書=高校教諭を逮捕

感情的に対立して、どうしようもなくなったからであろうとは言え、教育者がここまでなるものかというような低レベル極まりない行為です。そして、よく理解できないのが、生徒の親と教師とのトラブルは学校関係者、及び教育委員会はノータッチで当事者間に任せきりになるのだろうかということです。
詳しい経緯が下記記事からは不明なので推測になるが、少なくとも久留米市に対策会議を開かせているということは少なくとも関係者に周知となっているはずであるが、周囲が暴走を止めることは職務上の権限からも出来ないことなのだろうか。学校の校長には、意外と職員に対する権限がないと言われているが、法律に触れることまでも放置せざるを得ないほど権限がないものだろうか、信じられない。教育委員会も、また我、関せずの姿勢で積極的な関与が伺えないことに今の教育の大きな問題が含まれていると思われる。
---以下、時事通信引用要約
福岡県警は、同県久留米市立高校教諭吉田威容疑者(37)を逮捕した。吉田容疑者は昨年9月7日から10月3日の間、生徒の父親(38)に、はがきや封書で6回にわたり、人権に関する差別的な内容の文書を郵送して脅迫。久留米市に約20回の対策会議を開かせるなどし、通常の業務を妨害し、脅迫と偽計業務妨害の疑い。吉田容疑者は生徒の生活指導問題をめぐり、父親とトラブルになり、久留米市教委によると文書には「消えうせてほしい」「早く死ね」などと書かれていた。


国際ジャーナルを見つけて
現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト 東京 国際ジャーナル 編集行路:2008年04月 取材です 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 取材します 現代画報 経済雑誌の価値|飛躍!報道通信社の日記 商法 取材 発行部数は約3万部 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 現代画報で評判のお店を取材:現代画報からの取材 メッセンジャー黒田容疑者を逮捕 国際通信社グループ 評判の雑誌って? 国際ジャーナル Y 報道ニッポン 報道通信社 取材 現代画報 G タレントがインタビュアーになり取材します 国際ジャーナル 現代画報 グラビア 報道通信社 取材 名古屋 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 掲載料 刑法 取材しました 民法 大阪
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

フリーエリア
プロフィール

2oo9

Author:2oo9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。