スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナルと取材 原爆で消えた街

原爆で壊滅し、平和記念公園となった旧中島地区をコンピューターグラフィックスで再現した映画
が5月にニューヨークの国連本部で開かれるNPT(核拡散防止条約)再検討会議の関連行事で上映される
ことになり、1月22日に広島市内で一部が公開されました。
製作者は「完成した映画はオバマ米大統領にも贈りたい」と話しています。

旧中島地区は当時、市内有数の繁華街だったそうです。原爆で失ったものの大きさを訴えたいと、
川向かいの産業奨励館(今の原爆ドーム)のそばに住んでいた広島市の映像作家の男性らが映画を
製作して、3月待つに完成を目指しているのだそうです。

コンピューターグラフィックス製作で優れた技術を持つアメリカの南カリフォルニア大学なども協力
しています。作品は30分で、被爆前の写真や住民らの証言をもとに呉服店、銭湯、映画館などの店舗
や、家屋内の様子などを忠実に再現して、産業奨励館の姿も復元します。

同地区で祖父母、両親らを失った広島市の70代男性は「映像を見ると、当たり前だった幸せな生活を
思い出す。それが一瞬で消えたむごさを、世界の人たちに知ってほしい」と話していました。

原爆に関しては学生の頃から多くの事を学んできました。時には、テレビなどでも原爆に関するドラ
マが放送されていたように思います。学生の頃は、学校でそのような番組を授業内で見たのですが、
あまりのむごさに声が出ませんでした。私は戦後生まれの人間ですが、あまりの恐ろしさに身震いし
たのを覚えています。普段の生活を送っている時間がほんのわずかで消えてしまうのです。
これから日本という国は、戦後生まれの人口が多くなるでしょう。それでも、歴史は伝えていかなく
てはなりません。二度とあのような事が起きないようにしなくてはなりません。それが、私たちの役
目だと思うのです。


経済情報誌 報道ニッポン 2008年12月号のご案内 | 報道通信社
yahoogoogleseo.awe.jp
現代画報社「ゆるキャラ」は日本経済の救世主になり得るか?
国際通信社のネタ
報道ニッポン コミュニケーション能力を養う/報道通信社
国際ジャーナルで取材されました
国際ジャーナル|国際通信社・報道通信社・現代画報社
国際ジャーナルを見つけて

国際通信社 報道通信社 現代画報社
国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
発行部数が3万部以上です。今、評判の雑誌って?
タレントが取材します。インタビュアーって誰?
振り込め詐欺など悪徳商法にお気をつけ下さい!
大阪 東京 名古屋 取材費 刑法 取材 商法 民法 掲載料 無料
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

フリーエリア
プロフィール

2oo9

Author:2oo9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。