スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電話で取材 国際ジャーナル 新しい社会保障の姿が気になる

これから高齢化が急速に進む日本にとっては、年金も医療も介護も必要な費用が
増える事が懸念されています。そのような社会保障の中に、むだな費用 が発生
しないような効率化をしなければならないと思います。それはどうすればいいの
でしょうか。実際、弱者の切り捨てにならない効率化が求められ ています。こ
れから検討される社会保障改革案には、必要な人を重点的に支えられるような、
システムの効率化が反映されて欲しいと考えています。



「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年11月号のご案内 | 現代画報社
realestate.ebb.jp
スポンサーサイト

ザヒューマンのテレビ取材 復興支援の財源と子ども手当

これからの予算に向けて自民・公明両党の幹事長が会談していますが、子ども手
当などの政策については、いわゆるバラマキ政策として、今後の継続は 認めら
れないと考えているようです。そのため、従来からの所得制限のある児童手当を
拡充するための法案の共同提出を第一として、両党の間で調整を 進めていくこ
とを確認しています。今後の国会運営について、この動向がどのような影響を与
えていくのか、これからもニュースに注目したいと思いま す。





国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道ニッポン インフルエンザ報道と自己防衛/報道通信社
yopの国際通信社

国際通信社 報道通信社 報道ニッポンとは 韓国が懸念する東アジア情勢

北朝鮮の食糧事情を巡って、今現在は国際社会ではどのような状況になっている
のか気になるところです。今年の3月に、国連のWFP、いわゆる世界 食糧計
画が北朝鮮で行った調査を基に、43万トンの食糧支援を呼びかけているそうで
す。これについて韓国はどのように反応するのでしょうか。韓国 政府として
は、去年の哨戒艦沈没事件などに対する北朝鮮の謝罪がないかぎり、一定規模の
支援には応じられないという立場をとっていると考えられて います。



国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
press-blog | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナルと私

ビジネスマンの必須アイテム国際通信社の国際ジャーナル 話題の身長差カップル、矢口&仲村がが婚約

中村昌也さんは192センチ、矢口真里さんは145センチという、

身長差が47センチのカップルとしても話題だったこのお二人が、

婚約をされ、それぞれの所属事務所がファクスで発表をしました。



婚姻届けは22日にされるとのことですが、本当は3月中を予定を

していたそうです。

しかし東日本大震災の影響もあり、お二人で話し合った結果、5月に

婚姻届をすることになったと…

そして同日に、ツーショットで婚約会見をおこなう予定です。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
ますだの現代画報
報道ニッポンを発行する報道通信社の雑感

ビジネスシーンにザ・ヒューマン ミスタードーナツが揚げないドーナツを発売

ドーナツ専門店「ミスタードーナツ」は、創業以来はじめて揚げない

ドーナツ「焼きド」を、今月の25日から全国発売するそうです。



もちろん「焼きド」は、油で揚げずにオーブンで焼いて作ります。



健康志向を受け開発したというドーナツで、角切りのカボチャなどを使った

「ベジ焼きド」、オレンジピールなどを練り込んだ「フレーバー焼きド」など

3種類計8品目で、価格は147~157円。



すでに、大阪府など西日本地域の一部では、3月下旬から先行販売して

いるようですが、発売されたら一度はご賞味にあずかってみたいですね。






報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報で読み解く
国際ジャーナルの取材記事を読んで 朝ごはんを考え直そう

ビジネスに必須アイテム 国際ジャーナル ガガがセレブ番付1位に

日本ではあまり知られていませんが、アメリカの雑誌「フォーブス誌」のセレブ番付といえば、過去にはトム・クルーズやアンジェリーナ・ジョリーが1位になった2006年と2009年以外は、断トツでオプラ・ウィンフリーが2005年から1位を独占してきたようなものなんだとか。ところが、今年はガガに1位になったのだそうですよ~!ちなみにセレブ番付は年収だけで決めるのではないそうで、影響力など力を重視しているようですね。オプラも「ガガ」に抜かれたって、もうどうだっていいのではないでしょうか。

大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道ニッポン | 報道通信社 | 薬物汚染について考える
現代画報 紀行

月刊誌国際ジャーナル 原発の内部被曝検査は作業員の1割だけ

東京電力福島第一原子力発電所で、放射性物質の内部被曝の

検査を受けた作業員は、全体の1割だそうです。



周囲の放射線が高い福島第一原発の検査装置が使えないので、

作業員の間では被曝線量の上限を超えても、知らずに働き続ける

ことになりかねないとの不安もあるそうです。



政府が作業員の被曝線量について、東電に定期的に報告させるなど

の監視強化を打ち出しましたが、すでに2カ月は過ぎています。

その間にも、何百人もの方が原発の作業にあたっているはず。

対応が遅すぎです。




現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルで掲載
国際通信社Booksブログ

報道ニッポンから取材? ケアの必要な人を支える初の仮設住宅

岩手県釜石市が5月16日に東京にある大学と連携して、東日本大震災で被災した
高齢者らが入居する新タイプの仮設住宅を建設するということを決めたそうです。
「長屋」のように近所づきあいが可能な住居を約100戸作るということなのです。
孤独死の防止を目指すほかに、介護拠点や託児所を併設するそうです。
住戸配置、人的支援などの総合的な対策で、ケアの必要な人を支える初の仮設住宅
となるようです。
テレビで多くの高齢者の方たちが避難所生活を送っている様子が幾度も目に入りました。
医師が往診に来たり、またお世話をしている人たちの様子も映っていました。
ぜひ、多くの人たちが安心して生活ができるような状況にしていただきたいですね。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
opem-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナルの願い

ザヒューマン・バンド 髄膜炎製髄膜炎

テレビで報道されていたのですが、宮崎県の高校で男子寮に入寮している野球部の
4人が体調不良を訴えて入院したそうです。そのうち1人が死亡したというのです。
宮崎県は、感染症の1つである「髄膜炎菌性髄膜炎」の疑いがあるとみて調べている
ようです。私は今回のニュースで初めて聞いた感染症なのですが、
これは日本での発生は珍しいとされているそうです。
この高校では、今回の問題を受けて5月17日は臨時休校の措置をとったそうです。
また同じ日の夜には保護者説明会を開いたということでした。
感染症ということであれば、どこからどのように感染したのでしょうか。
1人の学生が亡くなっているのです。きちんとした調査が必要なのではないでしょうか。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年5月号のご案内
報道通信社の報道ニッポンの民法商法を読む

月刊 国際ジャーナルで 福島第1、山側の鉄塔が倒壊してたわけ

東京電力福島第1原発事故で、原発と変電所を結ぶ鉄塔が

倒壊していたそうです。



東電は、地震そのものではなく、土砂崩れで倒壊したとして、

耐震性上は十分だったとの見方を強調していますが、

土砂崩れをおこしたもの、震災の影響ですよね?

なので、土砂崩れは想定内のことであるはず。

土砂崩れも、津波もすべてもが想定がとでも言いたいのでしょうか・・・



結局、土砂崩れのおこり得る場所に原発を設置したのですから、

土砂崩れというのがいい訳になるのはおかしいです。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年11月号のご案内 | 国際通信社
movies.weblog.tc

国際通信社の国際ジャーナルにて 足柄茶から放射能検出

放射能の値が怖い今の日本ですが、お茶も打撃をくらっているようですよ~!

なんでも、神奈川の足柄茶が、原発の影響を受けて基準値を超える放射性物質が検出されてしまったのだそうです~!もちろん外で栽培されているお茶なら、放射能がくっついてしまうのは避けられないのでしょうけれど、神奈川って福島から離れているのにって思っちゃいますよね。

報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルで取材されました
報道ニッポン インターネットで得する―詐欺にご注意

国際ジャーナルから 葉桜と名乗る人から

新聞に載っていた記事なのですが、山口県の税務課に5月9日に1通の封筒が
届いたそうです。角2判で、ずっしり重い封筒だったようです。
職員が封を開けてみたところ、中から出てきたのは現金530万円と手紙だった
そうです。手紙の内容は「東日本大震災の被災者に役立ててほしい」というもの
だったようです。「鯉のぼりをめでる葉桜」と名乗っていたということでした。
この530万円は、山口国体に参加する被災地の選手団派遣経費などに使うこと
が検討されているそうです。
以前、ランドセルを送る「タイガーマスク」が話題になりましたが、今回は
葉桜さんが義援金です。とても優しい心を持つ人なのだと感じました。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル 通信
国際ジャーナルに出現

国際ジャーナルから 日本の農業に残された可能性について考える

最近は農業に関する話題がよく報道されているのではないかと思います。報道ニッポンでも、日本の農業がかかえる問題点については、注目されているところだと思います。今の日本において、世界的な経済の悪化という状況を受けながら、様々な業界や、ビジネスモデルが飽和化して行き詰まっているのではないかと感じます。その中で注目されているのが、農業ビジネスではないでしょうか。日本の農業に関しては、まだまだ成長の余地があるということかもしれません。現在日本の食料自給率は4割程度です。残り6割は輸入に頼っている状況です。ですから、日本の農業に対する国内の需要が6割も残されているとも言えますね。中国からの輸入食品への問題を考えると、近年の消費者の食に対する安全、安心志向によって国内のマーケットはもっと開拓できる余地があるのかもしれません。基本的に食は人間にとってなくならない必要不可欠な分野です。他の産業は世の中の変化や技術革新によって産業自体がなくなる可能性があります。考え方をかえると、農業ほど安定的なニーズがある産業は他にないと言えるでしょう。これからの日本の農業がどのような方向にむかって発展していくべきなのか、その点は注目したいと思います。



国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際・報道通信社のつぶやき
現代プレス | 現代画報 国際ジャーナル 報道ニッポン

報道通信社 フロッピーディスクはどこに

確かに、今、フロッピーディスクを使うという機会は少なくなったような気がします。

ただ先日、私の子供が通園する幼稚園でPTA役員の引継ぎがありました。前役員が持っていた
資料を新役員が引き継いでいたときに私が目にしたのは、数え切れないほどの資料がある中
に、オレンジ色のフロッピーディスクがあったのです。前役員に聞いてみると、「フロッピー
の中に保護者に渡す提出物のデータが入っている」とのことでした。
もう何年も前から、そのオレンジ色のフロッピーディスクが引き継ぎされているということ
が分かり、不思議に思ったのと、違う新鮮さを覚えました。
その年代もののフロッピーディスクを見て、ほとんどの新役員が「私たちの代から変えていこう」
と決意をしていました。それくらい、使用することがなくなってきているのですね。
ついこの前まで使用していたはずのフロッピーディスクですが、技術の発達の速さには勝てない
ものなのですね。




国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルの詐欺に関する記事
国際ジャーナル 通信

国際通信社の国際ジャーナルとは 小佐氏の意見に管首相は・・・

内閣官房参与を辞任した小佐古敏荘氏の「政府は場当たり的だ」

という発言に対し、管首相が菅直人首相が衆院予算委員会で、

「決して、場当たり的とは考えていない」と反論しました。



しかし、国民の目から見ると、小佐古敏荘氏の意見に同調する人が

多いようです。

それは、東京電力福島第1原発事故の状況がまったく進展していない、

隠しごとばかりが発覚する、その上、後手後手の対応がから国民は

小佐古敏荘氏の意見に同調してしまうのでは?



そんな状況が、現在の政治状況をものがたっているのではないでしょうか。






報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
評判の取材先に行く国際ジャーナル
国際ジャーナル インターネットクチコミは詐欺?クチコミの判断法

報道通信社とは 岡村、婚活宣言

なんでもナイナイの岡村隆史さんが、本気モードで婚活されるようですよ~。というのも、4月29日に都内で、「ちょこっとイイコト 岡村ほんこん?しあわせプロジェクト」のPR会見に、番組で一緒に出ているほんこんさんと登場して、イイコトに取り組む番組内容にちなんで、本気モードの婚活を宣言されたから。岡村ファンの女性にとってはチャンス到来?!ちなみに、現在TBSの青木裕子アナウンサーと交際中の相方、矢部浩之さんにライバル心を燃やしているという岡村さん、「この番組でお付き合いできたら」とコメントされているようです。

報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
games.awe.jp
経済情報誌 報道ニッポン 2008年11月号のご案内 | 報道通信社

報道通信社とは 乗用車が子供たちの列に突っ込んだ事故

「またか・・・」と思うようなニュースが新聞に載っていました。
それは4月22日の午前7時すぎ、茨城県つくば市島名の路上で、小学生5人の
列に乗用車が突っ込んだというニュースでした。
6歳から9歳の女児3人と男児1人の計4人が市内の病院の搬送されたというこ
となのです。この子供たちが市内の小学校の児童で通学中だったそうです。
両ひざの打撲や前歯欠損などのけがを負ったそうです。けがをした子供たちは全員
意識はしっかりしていてけがの程度は軽いということです。
この事故が起きたほんの数日前にもクレーン車が子供たちの通学中の列に突っ込んだ
というニュースが大きく報道されていました。
いずれも言葉では表せないくらいに悲しい事故です。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報の飛躍
報道ニッポン 食べ物は大切に 食品廃棄量削減を目指そう/報道通信社

報道通信社とは 小杉さんがお父さんに

人気お笑いコンビのブラックマヨネーズ。テレビで大活躍しているコンビだと
思います。ブラックマヨネーズの小杉さんが以前に結婚された話題が報道され
ていたと思うのですが、4月25日の早朝に男の子が生まれたそうです。
奥様は大阪市内で出産したそうで、母子ともに健康だということです。
国際通信社から発行されている雑誌にも「出産」に関する記事が載っていました。
ひとつの命が誕生するのは本当に素晴らしいことだと思います。
今後、小杉さんの奥様は「お母さん」としてたくましい女性になるのでは
ないでしょうか。すくすくと元気に育ってくれたらいいですね。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道ニッポンの誓い 報道通信社
国際ジャーナル 国際通信社発刊

国際通信社の国際ジャーナル 台湾から義援金

新聞に載っていた記事なのですが、台湾のねじ製造業者で作る「台湾ねじ工業会」と
いうものがあるそうです。4月21日に、この工業会が東日本大震災の被災者を支援
するための義援金4600万円を、日本のねじ製造業者らで構成する「日本ねじ工業
協会」に届けたのだそうです。台湾ねじ工業会は、日本などの団体と毎年交流会を開
いているそうです。今回の東日本大震災を受けて、傘下の業者らから救援募金を集めた
ということです。
今回の東日本大震災が起きた後、日本だけではなく世界各国から義援金が集められて
います。本当に素晴らしいことだと思います。
日本各地や世界から集められた義援金。どうか、有効に利用していただきたいですね。
復興のために・・・。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル、報道ニッポン、現代画報
国際ジャーナルに掲載

ザ・ヒューマンで読む経済 カダフィ大佐とオバマ大統領の動き

中東情勢が気になるところですが、国際社会としてリビア国内の治安回復や、食
料・医療の確保などについて、どのように支援を図っていくか、今こそ 考える
必要があると思います。アメリカのオバマ米大統領は、メルケル独首相と電話会
談を行い、武力行使をやめないカダフィ大佐について即刻退陣を 求める意向を
示したそうですが、これがどのように実現できるかについては、いまだ先行き不
透明なところがあると思います。石油も含めて中東は重要 です。





国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルの取材・・
現代画報 | 現代画報社 | クリックジャックという名の詐欺

ザ・ヒューマンで読む経済 蓮舫氏、増税論牽制

蓮舫行政刷新担当相が東日本大震災の復興財源として浮上している、

消費税率の引き上げなどを含めた増税議論について、増税ありきで

すべてを決めていくという順番ではないと牽制しました。



では震災の復興支援には10兆円もの巨額な金額が必要と言われて

いるのに、ではいったいどこから財源を捻出しようと考えている

のでしょうか?



増税ありきで話をする順番ではないというのであれば、その根拠を

提示してください。

空想の話ではなく、現実の話として受け止められる話をして欲しいです。




国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年12月号のご案内 | 現代画報社
partner.sphere.sc
フリーエリア
プロフィール

2oo9

Author:2oo9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。