スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道通信社の報道ニッポンで経済を読む ディズニーランドが夜間営業を再開

4月15日に営業を再開した東京ディズニーランド。多くの人が足を運んで
楽しんでいることだと思います。
東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドが、ディズニーランドの夜間
営業を4月23日から再開すると発表したそうです。新聞記事に載っていました。
再開されてからは、午後6時まで営業しています。
普段よりも短い時間とはいえ、楽しい時間を過ごしたいと思う人は多いでしょう。
夜間営業は午後6時から午後10時という時間帯だそうです。
「震災」に関する記事が、以前に雑誌「現代画報」に載っていたように思いますが、
震災というのは、多くのものに影響を与えています。ディズニーランドも液状化現象
というものの影響で営業が休止されていました。
それでもまだ、地震の影響で普段の生活ができない人が多いのです。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
経済情報誌 報道ニッポン 2009年3月号のご案内 | 報道通信社
国際・報道通信社のつぶやき
スポンサーサイト

報道通信社の報道ニッポンで経済を読む かなり厳しい意見

菅首相が4月21日に福島県の知事と会談した後、福島第一原発周辺の住民が
避難する田村市の総合体育館を訪れました。
この様子は、テレビでも放送されていました。
菅首相が姿を表すと、約50人の避難者からはかなり厳しい意見が浴びせられて
いました。
菅首相が謝っている様子が放送されていたのですが、謝っても避難者には
今まで溜まっている気持ちなどがあると思います。それを吐き出しているような
感じにも見えました。
原発事故が原因で避難生活を送るという大変な状況が続いてるわけですから、
ストレスも溜まるし、悔しい気持ちでいっぱいでしょう。
「国がなんとかしてくれたら」という気持ちも大きいのではないでしょうか。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報 クリックジャックという名の詐欺 現代画報社
国際通信社のネタ

報道通信社の報道ニッポンで経済を読む 地方自治体の選挙結果を考える

東京都や北海道など、全国で地方自治体における選挙が行われましたが、結果と
しては民主党の惨敗となっています。東京都では石原現職都知事が四戦 という
形で当選しています。このような結果は、これから国政にも影響を与えてくるの
でしょうか。三重県は民主党の岡田幹事長の出身地ですが、ここ でも民主党は
負けています。民主党に対する逆風が吹いているのかもしれません。これからの
政局については、注意が必要なところでしょう。



国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
tiara.happy.nu
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年1月号のご案内 | 現代画報社

月刊誌ザヒューマン 消費税3%上げ案、浮上!

東日本大震災の復興財源確保のために、消費税アップする案が浮上しているそう。

3年程度の期間限定ということで、現在の5%税率を、3%引き上げた8%程度で検
討。

復興の本格化に伴い発行する、国債の償還財源に充てると…

復興には最低でも、10兆円超の予算が必要と言われていて、消費税を3%引き上げる
と、

年間で7.5兆円の財源が見込まれます。

もし3%消費税を引き上げることになるのであれば、原発の補償金には絶対にあてな
いで、

震災復興支援のみに使って欲しいです。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルが発刊
報道ニッポン 好きな雑誌/報道通信社

国際通信社の国際ジャーナル(月刊誌) 親方が酒気帯び運転

テレビや新聞に大相撲に関する話題が大きく取り上げられています。
今は八百長問題に関することが多いのではないでしょうか。
そんな中、日本相撲協会の親方が4月18日の夜に酒気帯び運転で
警視庁に摘発されていたことが分かったのだと新聞に載っていました。
警視庁はこの親方を近く道交法違反容疑で書類送検する方針だという
ことです。
これに関しても、また問題となってテレビや新聞でも取り上げられる
のでしょうか。今、ファンの人たちが相撲を楽しみに待っています。
テレビで取り組みが放送されるのを待っている人が多いとテレビで
聞きました。
ファンの人を悲しませるようなことをするのはやめていただきたいと
私は思います。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポンの誓い 報道通信社
国際ジャーナル 国際通信社発刊

報道通信社・報道・ザ・ヒューマン コーディネーショントレーニング

2010年度の全国体力テストで小中学生男女の全国順位が44~47位と低迷している
といわれている大阪府です。この大阪府で、公立小中8興のモデル校が遊びの要素を
取り入れて運動神経を鍛えるという「コーディネーショントレーニング」を体育の授業
などで4か月実践したところ、約7割の種目で児童生徒の成績が向上したということが
府の教育委員会のまとめで分かったのだそうです。
やはり、今の子供たちというのはゲームに夢中になって外で遊ぶことはあまりないの
かもしれませんね。もともと子供だけで外で遊ぶ・・・という環境が今の時代は、危険
だとも言われていますが・・・。
ただ、成長するにあたって体力があるのとないのとでは全く違うと思います。
学校に通っている時にこそ、体力をしっかりつけてもらいたいですね。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道ニッポンを手にして
opem-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)

報道通信社・現代画報社・国際ジャーナル ツイッターの可能性について考える

最近に気になっているのがツイッターです。ツイッターはインターネットのコ
ミュニケーションツールで、国際ジャーナルでもこのツイッターに対する特集なんかを組んでもらい
たいところです。ツイッターを使って、いかにして個人としてのコミュニケー
ションを活発にするかを考えています。一番にいいところは、知らない人とでも
気軽に話しができる点だと思います。誰でも多かれ少なかれですが、知らない人
との会話は緊張したり気を使ったりすると思います。もし昔からの友達であれ
ば、会話も普通にできるとは思いますが、まだ会ったこともない人にに声をかけ
るのは、ちょっと抵抗があります。ツイッターはこの点をクリアしてくれるツー
ルではないかと思います。これが法人だったらどうでしょうか?これはなおさら
かもしれません。例えば営業などで、売り込み相手の性格や考え方などをよく
知っていれば、とてもいいと思います。親近感もわいて、営業がうまくいくかも
しれませんね。そんなところが、ツイッターというツールのこれからの可能性で
はないかと思います。ちょっとしたことを気軽につぶやけるのが、ツイッターの
魅力ですね。







国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルからの誘惑
press-blog.org | 国際ジャーナル | 国際通信社

報道通信社・現代画報社・国際ジャーナル 今夏の電力供給力

新聞に載っていた記事ですが、東京電力の今夏の電力供給力が従来計画よりも
350万キロワット増えて、5000万キロワット近くに回復する見通しである
ことが4月7日に明らかになったそうです。
供給能力の拡大と政府による電力の使用制限や企業・家庭などの節電による
電力需要の削減をすすめて、計画停電をできる限り回避する考えであるという
ことも書かれていました。
この計画停電が行われた際には、多くの人が大変な状況になったことでしょう。
仕事が進まなかったり、食材の問題もあったりしたと思います。
まだまだ節電をすることは大切なことですが、とにかく計画停電の回避は
ありがたい話ですね。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社|報道ニッポン|記者サイト
取材日記 国際通信社

国際通信社・国際ジャーナル・報道ニッポン 低レベル放射線汚染水、海に放出

福島第1原子力発電所1~6号機タービン建屋などに

汚染水がたまっている問題。

東京電力が比較的、汚染レベルの低い水がたまっている

とされる集中廃棄物処理施設内と5、6号機の地下水を、

海に放出することを発表しました。



海へ放出する低レベルの放射性廃液は、法律で定められて

いる濃度の約100倍。



海への汚染影響としては、近隣の魚介類や海藻などを毎日

摂取したとしても、年間だと約0.6ミリシーベルト被曝

する計算で、自然界などから受ける年間線量の4分の1だと

のこと。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
press-blog.org | 報道ニッポン | 報道通信社
評判の取材先に行く国際ジャーナル

国際ジャーナル・ザ・ヒューマン この時期の電車

強い風が吹いて、梢を揺らしています。
砂埃が舞い上がっては運ばれていきます。

もうすぐ、春なんだなと実感するこの頃。
嬉しいけれど、切ない季節の到来です。

といっても、別れの季節の切なさではなく、
悲しいかな、恒例の花粉症の季節です。

季節の変わり目はいつも体調も悪くなりますが、
春先、紫外線が強くなり、風が吹き出すと
痒みと湿疹に悩まされます。
これに、花粉症が加わるともう三重苦で
日々どんよりしてしまう。

ここ数年は、花粉症はだいぶ落ち着き、
朝晩のくしゃみと鼻水だけで、日中はほとんど症状が出ないのが
嬉しいです。
以前、あまりの痒さに目をこすりすぎたら、
なんと、白目がまるでプリンのように・・・
それこそ本当にプルプルと飛び出してしまったんです。
ホラー映画のようでした・・・

花粉症あなどるなかれ!ですね。

この時期は乗り物も要注意です。
山の地域から来た電車に乗り込んだとたん、
くしゃみ連発!続いて鼻水が・・・
花粉症の方はご存知の通り、この手の鼻水は
ぜんぜん止まらないんです。
結局、目的地まで鼻をかみ続けた私・・・

この季節、ティッシュを忘れた日は、とっても心配です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル オンライン
国際ジャーナルで掲載

ザヒューマン 計画停電、東京23区を郊外でサポートか!

東京電力が、計画停電の対象の25グループを、さらに細分したものを発表したもの
を確認したところ、

細分化はされていても、対象地区に変更はないように思いました。



東京23区で荒川区と足立区以外は、はやり計画停電の対象外。



東京23区の人口は平成21年1月1日現在で、4,077,555人います。

荒川区と足立区の人口を引くと、3,240,591人です。

この多くの東京都民が停電をしないように、郊外や近県の人々が犠牲になり、電力を
東京に供給しているのですか…



長引きそうな計画停電ですから、もっとじっくりと計画を立てて実施して欲しいと思
います。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報との戦い
世界規模で禁煙の動き 国際通信社|国際ジャーナル
フリーエリア
プロフィール

2oo9

Author:2oo9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。