スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル リビアの民主化に対する弾圧を警戒する

なかなか暖かくならない今日この頃ですが、リビアでは連日の様に民衆の平和な
訴えを封じ込めようとする政府の対応が目につきます。流血の事態を招 いてい
るリビア当局の対応は人間として許されないものを感じます。特にデモ隊への発
砲はひどいとしかいえませんね。アメリカ、イギリスなどの国際 社会では政権
側の武力行使を強く非難して、早急に国民との対話と民主化を実現させる必要性
があるのではないかと思います。今後も目が離せない状況 だと言えます。



国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年7月号のご案内
報道通信社の報道ニッポンのSpecialistに学べ!を読み解く
スポンサーサイト

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル やっぱりお鍋!

国際ジャーナルの記事に「食のしおり menu.7
 鍋 ?「寒いときは、鍋が一番!」?というのがありました。

三寒四温のこの時期、もうひとがんばりすれば春がくるけれど、寒さは一番厳し
い時。

芯から温もり、好きな具が楽しめ、さらに野菜もたっぷり取れるので健康的。冬
のお鍋は本当に楽しいですね。

ふぐやカニなど、高級料亭や旅行先でリッチなお鍋を楽しむのも良しですが、少
々の材料があれば手軽に楽しめてしまうのも魅力ですね。

しかも、最近では簡単にできるレトルト入りのお鍋の素がたくさん出ています。
以前は、寄せ鍋やちゃんこ鍋、キムチ鍋ぐらいしかなかったのが、スーパーへ行
くと、豆乳鍋やコラーゲン鍋、カレー鍋にトマト鍋と本当にびっくりするほど盛
りだくさん。ついつい買いそろえてしまいます。 

お鍋を楽しんだあと、ラストは雑炊だけではなく、カレー鍋などはカレーうどん
やラーメンを入れてもおいしいですし、トマト鍋はリゾットや卵を入れてオムレ
ツにすると絶品ですね。鍋にしたあとのエキスが出ているから一層おいしくなり
ます。

春が来るのはうれしいですが、寒さが去るとお鍋が終わりだなぁ、と少々さびし
くなってしまうような気がします。

寒さもあと一息、冬の名残を、おいしいお鍋で乗り切りましょう!








現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年12月号のご案内 | 現代画報社
dragon.bex.jp

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 労働組合が今景気に貢献できることは?

景気の回復を早急に形にするためには何が必要でしょうか。やはり、労働者が安
定して生活できるための給与が必要になってくると言えます。労働者の 賃金は
1997年をピークに低下しています。そして、2009年には1997年比で
5・1%も減少しています。これは激しい落ち込みです。この落 ち込みを是正
する必要があります。春闘で給与総額1%の引き上げを実現することは可能で
しょうか。労働組合としては、ぜひともそのような道筋を実 現したいところで
しょう。




国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
needle.coresv.net
bis-press.net|国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル プロ野球の開幕時期

プロ野球セ・リーグの開幕について、毎日のようにニュース番組や
情報番組で取り上げられています。
3月24日、プロ野球選手会の会長を務める阪神の新井選手が
セ・パ同時開幕決定の一報を受けて、記者会見を行いました。
今回の問題について、新井選手はお詫びをしました。
そして、選手会の意見が認められたことについては「大変、大きな
決断をしていただき選手会の意思を理解していただき感謝している」
という話をしていました。
今回のプロ野球開幕に関する日程について、様々な意見があると
思います。私の考えは、まずは野球選手のみなさんの意見を優先に
考えるべき・・・と思っています。開幕した時に、多くの人が楽しむ
ことができれば・・・とも思っています。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポンを発行する報道通信社の雑感
国際ジャーナルで読み解く

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 政権交代を日本の将来につなげるために

長らく続いた自民党政権が終わり、民主党に政権交代したことは、日本の政治の
中でも一定の評価をするべきではないかと思います。しかしながら、政 権交代
を成し遂げた民主党の一体感は、その後どうなってしまったのでしょうか。国民
として気になるところだと思います。自民党政権の末期に何人も の首相が短期
間で退陣を重ねて、日本の国際的な信頼が低下しています。政権交代後、鳩山由
紀夫前首相に続いて菅首相までが1年足らずで退陣した場 合、同様のケースが
心配されます。




国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年6月号のご案内
じゃーなるの国際ブログ

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 臓器提供の意思表示

ここのところテレビや新聞では、家族の承諾による脳死臓器提供を認める改正臓器移植法
に関するニュースが報道されているように思います。
厚生労働省は10月4日、9月に日本臓器移植ネットワークのホームページを通じて意思
登録をした人の約3割が臓器提供を「拒否」したことを明らかにしたのです。
これは8月の登録者の1割から大幅に増えたということです。

ネットワークへの意思登録は臓器を「脳死と心停止のいずれの場合も提供」「心停止の
場合のみ提供」「提供しない」の3種類に分けています。9月は昨年度月平均の3倍以上
の6302人が登録していて、そのうち「提供しない」が29パーセントに上ったのです。

ネット登録は7月の改正法全面施行後に急増したそうです。拒否の意思表示をする人も増え
て、それまで2パーセントだった「提供しない」が8月の登録者では10パーセントに上昇
していたそうです。厚生労働省は「臓器の提供を望まない人が、積極的に登録をするように
なったからではないか」と話しています。

この臓器提供の意思については、テレビでも様々な意見が取り上げられていました。
もちろん「提供しない」という人も多かったのですが、「自分の臓器が元気であれば、
病気で苦しんでいる人を助けたい」という意見も少なくはなかったのです。
家族が承諾するに関しても、かなり悩まれることだと思うのです。
意思は個人個人で異なります。難しい課題かもしれませんね。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルで理解できる
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年7月号のご案内

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 150人以上もの卒業生が

今春、32年もの歴史に幕を閉じることになったのが「3年B組金八先生」。
ファイナルが4時間スペシャルで放送されるそうです。
このファイナルには、歌手の近藤真彦さんを始め、総勢152人の卒業生が
出演することが分かったそうです。きちんと数えたらもっと多くの卒業生が
いることでしょう。
この金八先生のドラマを第1回目シリーズからずっと見てきたという人も
多いのではないでしょうか。今春が最後だと思うと、本当に寂しく感じますね。
私は、金八先生のドラマを見て多くのことを知ったり、学んだことがあります。
私が学生時代の時に、金八先生のような先生がいたら・・・そう思うことも
多々あったように思います。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道ニッポン インフルエンザ報道と自己防衛/報道通信社
yopの国際通信社

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 小児用肺炎球菌ワクチン

新聞に載っていた記事なのですが、小児用肺炎球菌ワクチンなどの予防接種を
受けた兵庫県の幼児2人が亡くなったそうです。この問題で、2人が接種をした
ワクチンの製造番号がいずれも同じだったということが、3月4日に分かったと
いうことです。厚生労働省は死亡と接種の因果関係について調査を始めたそうです。
以前、雑誌「現代画報」でも「ワクチン」に関する記事が載っていたように思うの
ですが、病気を予防しようと親は判断をして接種をさせるのですが、そのワクチン
が、もし原因だとしたら非常につらい話ですね。
親の気持ち、今はどのような状況でしょうか。
きちんと調査し、多くの人が納得いく説明がほしいですね。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
発刊が楽しみな報道通信社の報道ニッポンへの思い
現代画報の美食探訪を読んで

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 就職支援策

新聞に載っていた記事なのですが、厚生労働省が実施する若者向けの就職支援策。
内定を得られない学生や就職できない既卒者を大賞に、中小企業でインターシップ
に参加してもらい、就職に結び付けてもらうという事業なのですが、昨年9月から
5000人の枠で募集を始めたものの、応募したのは全国でわずか20人だった
そうです。この支援策についてほとんど知らない人が多かったようですね。私も
正直なところ知りませんでした。ですが、この策は3月末で終了するそうです。
企業側からは「中途半端な対策」と批判の声が上がっているようです。
もっと、この支援策についてのアピールが必要だったかもしれませんね。
企業側にも迷惑がかかるのではないでしょうか。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年1月号のご案内 | 現代画報社
dragon.bex.jp

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル ナイナイ岡村の新番組

ナイナイの岡村隆史さんファンの人は、ちょっと嬉しいニュースです。なんでもテレビ東京によると、ナインティナインの岡村さんとお笑いタレントのほんこんさんが出演するバラエティー番組を4月から放送することを明らかにしたそう。番組名は、まだ仮名ですが「ちょこっとイイコト・岡村ほんこん しあわせプロジェクト」というものらしいです。ちなみに岡村さんがテレビ東京の番組でレギュラーとなるのは「ASAYAN」以来ということで、なんか懐かしいですよね。

21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道ニッポンを発見
国際ジャーナル/報道ニッポン/現代画報

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 妖怪談義

ゲゲゲの鬼太郎ファンの人も、そうでない人も、妖怪と言えば「こなき爺」の名前をご存知の人が多いかと思います。こなき爺といえば、お爺さんの姿で、赤ちゃんのような鳴き声を出し、また石のように重くなって背負ってくれた人を困らせてしまう妖怪ですよね。そんな妖怪こなき爺のふるさとが、徳島県三好市なのだそう。そこで、三好市の町おこしグループ、「山城大歩危(おおぼけ)妖怪村」の一行が、ゲゲゲの鬼太郎の作者であるマンガ家の水木しげるさんの出身地、鳥取県境港市を訪れて、妖怪談義を行ったのだそうですよ?!なんか、現代に生きていながら、微笑ましいですよね。ちなみにこの日は、「妖貝法螺吹き隊」という音楽隊(?)の隊長さんたち19人で、ほら貝を使って、こなき爺の泣き声を再現している「おぎゃ泣き」と呼ばれる泣き声を披露しながら、妖怪像が並ぶ商店街を歩いたのだそう。見たかったです?!子どもたちなんか、大喜びだったのではないでしょうか?もちろん、はるばる徳島県からのお客様を前に、鳥取県も鬼太郎などの着ぐるみを準備して出迎え、イベントではホラ貝吹きの体験などもおこなったそうです。妖怪村の村長さんは、妖怪の本場の活気をもらえて良かったと喜んでいたそう。本当にチャーミングなイベントですよね!

国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
ぱんだの国際ジャーナル
報道ニッポン インターネットで得する―詐欺にご注意

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル レンタルサイクル

以前、国際通信社から発行されている雑誌にも「自転車」に関する記事が載っていた
ように記憶しています。この自転車が「レンタル」できるという便利な時代になって
いるようです。
私の家の近所にも「レンタルサイクル」の店があって利用する人の姿を頻繁に
見かけます。
大阪府のある市では、レンタルサイクルの利用者が低迷しているということだそうです。
市は自由に乗り捨てできる専用駐輪場を市内中心部の2か書に増設する方針を決めた
のだそうです。仕事で利用する人もいるかもしれません。
最近では移動手段を自転車で行う人が増えているようです。
まだまだレンタルサイクルが知られていないかもしれませんね。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報 広がる少子化問題 現代画報社
報道ニッポン再発見

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 現地取材

先日ニュース番組を見ていたら、中継現地の
緊迫した様子を伝えたい為か、記者が興奮し過ぎ
却って聞き苦しかった記憶があります。
功を焦るのか?としらけた気分になるのは、私だけでしょうか?

ニュース番組もワイドショーも同じ括りになってしまったかの様。

先日久々に見た某有名元女性キャスターのように、
淡々と正確に事実を伝えて貰いたい。

メディアの力は偉大です。連日テレビからは情報が多々流れています。
何をどう受け取っても良いのですが。
どれを取捨選択していくのかによって、
自分の生きる様も試されて行くような気もします。

難しいですね。

国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年9月号のご案内 | 国際通信社
tiara.happy.nu

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 今、ご当地グルメが熱い!」

国際通信社のwebサイト異業種ネットで「今、ご当地グルメが熱い!」という記事が載っていて、面白いです。ここで扱っているご当地グルメとはいわゆるB級グルメ、安くて早くて旨いそして庶民の味。更に、「ご当地」という冠がつくと、「地元に人に長く愛されて続けている味」です。B級グルメで町おこし、地方に活気を、という動きに対して、不況だから・・とすぐ悪い方に思考をシフトさせるのは早急かなと思います。B級だからって手を抜いてるわけでも味が悪いわけでもなくて、むしろ、庶民に愛される味を出来るだけ安く、しかも美味しく作ろうとしたらそれはそれは大変な努力が必要ですよ。そうやって育て上げられてきたご当地B級グルメを全国に知らしめるきっかけとなったのが、「B-1グランプリ」です。文字通りB級ご当地グルメのナンバーワンを決めるグランプリで、来場客が出展料理を食べ比べて投票によってチャンピオンを決定するんですよね。審査委員が決めるのではなく、来場者の舌が決めるってとこがいいじゃないですか。すごく分かり易い。グルメお目当ての観光客が随分増えたんでしょう。B級だからって卑下することなく地方を元気にする「食」の盛り上がり、是非応援したいです。つーか食べてみたいよ 横手やきそば!





21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル経済白書
占いジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 瑛太のお父さん、自殺

ショッキングなニュースといえば、俳優の瑛太さんのお父さんである、永山博文さんが2月16日に首をつって死亡していたニュースではないでしょうか。遺書とみられるメモ書きが見つかっていることから、自殺とみられているそうですが、瑛太さんは去年、歌手の木村カエラさんと結婚して、去年の10月には男の子が誕生したばかりと、幸せの絶頂期のようなものだったでしょうに。瑛太さんは地方で映画の撮影中にこのことを知らされたそうで、撮影をいったん中断し帰京したそう。

国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社books | 国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
報道通信社 取材

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 今年の気象予報

気象庁が、2月24日に今年の3?5月と6?8月の気象予報を発表しましたよ。今年の春の訪れは平年並みだそうで、気温は平年並みか高めの見込みということですから、お花見は前倒しになるかもしれませんね?。気になる雨の降水量は、西日本と沖縄、奄美で少なめの可能性があるそうです。そしてすでに夏の予報が出ているわけですが、今年の夏の気温は近年と同じ様に高めだそうですが、昨年のような猛暑にはならないという予報になっているそうです。うーん、本当かな?

21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
dragon.bex.jp
経済情報誌 報道ニッポン 2009年3月号のご案内 | 報道通信社
フリーエリア
プロフィール

2oo9

Author:2oo9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。