スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 先行きが見えない民主党

今後の日本の政治情勢には予断を許さないところもありますが、与党の民主党で
は、首相退陣と引き換えに予算関連法案への協力を野党側に求めという 主張も
あります。民主党内でのこのような考え方は、予算案成立にめどが立つならば首
相退陣もやむを得ないとの民主党内の空気を表しているのかもし れません。し
かしながら自民党などの野党では、首相退陣でも協力を拒否する姿勢を示してい
るので、予算案についても流動的です。解散という動きも 今後はでてくるで
しょうが、民主党の先行きは不透明と言えます。



国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道ニッポンで取材されました
press-blog | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
スポンサーサイト

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル ロシアとの新たな外交が求められている

新たに外務大臣になった前原誠司外相には、国民の期待が集まっているのかもし
れません。特にロシアとの北方領土返還交渉について、今後の展開が期 待され
ます。日本では安倍晋三元首相以降、だいたい1年くらいで首相が代わっている
状況なので、これが交渉においては悪影響が出ていると、前原大 臣は指摘して
います。北方領土問題の解決については、安定した政治体制がなによりも重要に
なっているのかもしれません。これからの前原氏の手腕に 期待したいと思います。



国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道ニッポンの誓い 報道通信社
国際ジャーナル 国際通信社発刊

月刊誌・現代画報 高校生の就職内定率

文部科学省が2月15日に、今春卒業予定の高校生の就職内定状況を発表
しました。昨年の12月末現在の就職内定率は77.9パーセントで前年と
比べて3.1ポイント増となったそうです。
ですが、まだまだ厳しい上行は続いているのです。やはり「不景気」から
脱出できない日本。高校生だけではなく、大学生や専門学生、それに中途採用
を希望する人に職が見つからない状況が続いています。「不景気」に関しては
以前に雑誌「現代画報」にも載っていましたが、それからまだまだ続くこの
状況。明るい国になってもらいたいですね。強く希望しています。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
経済情報誌 報道ニッポン 2008年11月号のご案内 | 報道通信社
seoseo.geo.jp

月刊誌・現代画報 秘密の引き出し

朝の挨拶だけでなく、昼に人と会っても開口一番は「寒いね?」なこの頃です。花粉症にとっては嬉しい反面、冷え性の身には辛いッス。現代画報2月号の表紙、山形の銀山温泉なんですよね。雪景色だからいかにも寒そうな写真なんですけど、この絶景を眺めながらゆったり露天風呂に浸かったら気持ち良かろうなあと、羨ましくてたまりません。旅行らしい旅行には行ってないから。。自分が行きたい!と思うところに行きたい。旅行というと、いつも旦那のお供みたいになっちゃうので、子供が大きくなったら一人旅であちこち回りたいです。大学生のとき、京都と奈良をこれでもかと歩きまくって足を壊したことがあります。どこか悪くするまではやりたくないけど、いろいろと制約をつけない旅というのは本当に楽しいものです。まあ 金銭的にはかなり制限ありですが。
どこにも行けない今は、近場で頑張れば何とか行けそうなカフェや雑貨屋さんのHPをばんばんお気に入りにしているところです。「欲しいもの」というフォルダ名がいかにも過ぎて我ながら苦笑い。。昔なら、秘密の引き出しといった趣ですわ。大好きなアーティストのコンサートチケットの半券、お気に入りのお店の包装紙やカード、写真などなど。乙女だなあ。いつか、いつかと思っている内にお店が潰れてたら悲しい。でもそんな悲劇に遭遇することって結構多いです。だから、10年20年経ってもみんなに愛され続けているお店は、本物ですよね。それこそ秘密の引き出しに入れて、とっておきの時、心から癒されたい時に訪れたいなと思います。欲しいものフォルダに眠ってるお店たちが本物でありますように?。





21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル通信
占いジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)

月刊国際ジャーナル ガラス製のテレビ台が割れる事故

新聞に載っていた記事でテレビでも報道されていたのですが、通販で有名な
「ジャパネットたかた」が販売していたテレビ台があったそうです。
テレビを乗せる天板や内部の棚に使われた強化ガラスが突然割れるという事故
が、全国で74件も起きていたことが分かったのだそうです。
この事故でけが人は報告されていないようですが、ジャパネットたかたは、
製品のリコールを決めたのです。
突然、ガラスが粉々に割れてしまうことがあったそうです。
多くの人がテレビとセットで購入していたそうです。問題なく使用している人も
多いかもしれませんが、ガラスとなると割れてしまうと危険な物になります。
今後、製品の販売をする際には十分な対応が必要かもしれませんね。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年4月号のご案内 | 国際通信社
point.xrea.cc

月刊国際ジャーナル 東京都知事選に立候補

4月10日投開票の東京都知事選。テレビや新聞でも大きく取り上げられています。
2月15日には、外食大手「ワタミ」の前会長である渡辺美樹さんが無所属で立候補
することを正式に表明したのです。この件に関しては15日の朝からテレビでかなり
報道されていました。渡辺さんは会長職を辞任して立候補したようです。
東京ではない地域でも話題が集まっているのではないでしょうか。
今後、どのような候補者が出揃うのか分かりませんが、注目を集めるのは間違いない
かもしれませんね。どの人が当選しても、明るい国づくりに協力していただきたい
ものですね。つまり「景気対策」だと思うのですが・・・。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
trip.bulog.jp
bis-press.net | 国際ジャーナル | 国際通信社 | 詐欺と情報セキュリティ

月刊国際ジャーナル 糖尿病意識調査

糖尿病って、太ってる人だけの病気ではないんですね?!製薬会社の大手である、「ノボ ノルディスク ファーマ」の意識調査で、40?60代の男女の3人に1人が「太っていないので糖尿病にならない」と油断していることが明らかになったそうです。私もそう思ってました!ちなみにこちらの調査は、平成21年12月上旬、40?60代の男女計1200人にインターネットで実施されたそうで、その結果、太っている人が糖尿病になりやすいと思うと回答した人は、なんと全体の約半数である49・7%を占めたのだそう。それに、現在太ってない人の36・3%が、将来的に自分が糖尿病になる可能性がないと答えていたということですが、実は日本人て欧米人に比べて糖尿病になりやすい体質なのだとか。糖尿病のリスクを高めてしまうのは、運動量が少ない方、甘いものをよく食べる方、ストレスを感じることが多い方、アルコールをよく飲む方、標準よりカロリーが多い食事をする方などだそう。しかもショックなのは、日本人に多い2型糖尿病患者の6割は太っていない人なのだそうですよ。なぜ日本人が欧米人と比べて糖尿病を発生する率が高いかというと、血糖値を下げるインスリン分泌能力が低いためなのだそう。気をつけなくてはなりませんね?!

国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年7月号のご案内
国際ジャーナルとの再会

現代画報月刊 居酒屋の倒産件数

新聞に載っていた記事なのですが、2010年に倒産した居酒屋が
前年と比べて4.1パーセント増え201件にのぼったそうです。
これは、過去最多だったということです。
熾烈な価格競争について、以前テレビ番組で取り上げられていたと
いう記憶があるのですが、やはりこれがサラリーマンの「憩いの場」
にも影響していることが改めて浮き彫りになったということになります。
確かに最近では「安い」を売りに営業している居酒屋が目立つように
思います。それが原因で、今まで人気あった居酒屋が倒産してしまった
としたら、多くの常連客が残念に思うでしょう。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
books.weblog.vc
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年11月号のご案内 | 国際通信社

現代画報月刊 婚活イベントが盛況

「婚活」という言葉が、テレビや新聞でも取り上げられるようになりましたね。
様々なイベントも開催されていて、多くの人が参加しているようです。

新聞に載っていた記事なのですが、和歌山市が今年度始めた婚活イベントが
盛況を見せているのだそうです。
特に女性に人気のイベントで9回のイベントに定員を上回る計465人が応募して
男性の計約230人の2倍となる勢いとなっているようです。

この人気あるイベントは多彩なメニューと、市のお墨付きという安心感が女性の
ニーズをとらえているようで、市のこども家庭課は「次は男性に支店を置いたものを
企画したい」と、来年度もイベントを継続する方針だということです。

和歌山市は今年度、婚姻数の減少に歯止めをかけようと「出会いの場創設事業」と
して約250万円を予算計上して、婚活イベントを民間3社に業務委託したのだ
そうです。

様々なイベントがテレビや新聞でも取り上げられています。
素敵な雰囲気の建物内でおいしそうな料理が出されたり、また会話の場を時間かけて
設けたり・・・中にはアットホームな雰囲気のイベントもあるようです。
「結婚」にこだわるだけではなく、ひとつの出会いの場として利用する人もいるかも
しれませんね。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
books.weblog.vc
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年12月号のご案内 | 国際通信社

現代画報月刊 東山青蓮院

 東山界隈、というのは清水寺や八坂神社、八坂の塔、高台寺など、京都にそう
詳しくない方でも知っている名所の多い場所です。

 京都を舞台にしたテレビドラマにもよく登場しますし、修学旅行の見学場所と
しても定番の場所が集中しています。まさに京都ビギナー向けの場所ですね。

 東山界隈は毎年春になりますと、「花灯路」という和風のライトアップの舞台
になりますので、そちらもロマンチックです。

 女優の岩下志麻さんが、長くメナード化粧品のCMに出演されていましたが、
その総集編が最近流れています。そのうちの1シーンで、美しいお寺の庭を散策
されていますが、そのお寺、智積院もここ、東山にあります。そして粟田口にあ
る寺院、青蓮院もやはり、東山にあります。

 こちらには、日本三大不動といわれる不動明王の仏画のひとつ、「青不動」が
あります。

 正しくは青不動明王二童子像といい、お姿の色が「青黒(しょうこく)」をし
ていることからこの呼び名がつきました。

 平安の頃から長く秘仏だったのですが、2009年の9月から12月まで、特
別御開帳となりました。

 不動明王の青く力強い姿に魅了された方も多いでしょう。2009年11月の
現代画報」でも記事に取り上げられていました。
 
 




国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
dolce.cms.am
太陽光発電

月刊報道ニッポン 選択的夫婦別姓

報道ニッポンに、「選択的夫婦別姓」についての記事が出ていました。

選択的夫婦別姓とは、結婚後も希望すれば夫婦が互いの旧姓を名乗れるという制度です。

ある調査によりますと、当制度に「とても賛成」または「どちらかというと賛成」とした人の割合は全体で55.3%で、
そのうち女性は「賛成派」が62.5%で、男性の49.6%を大きく上回ったとの報告があります。
また、未婚者では賛成派が58.4%に上ったのに対し、既婚者の賛成派は50.5%で、
結婚していない人の方が選択的夫婦別姓への支持率が高かったそうです。

結婚により改姓を経験した女性の立場からいうと、
改姓事態はいいのですがそれに伴う諸手続きが大変面倒でした。
また名前が変わることに自分の両親との絆が途切れてしまうような寂しさを感じ、
また同時に、夫の新しい家族の一員に仲間入りできた喜びも感じ、
複雑な気持ちでした。

どちらにしても、選択肢が増えることはいいことだと思いますし、
今後は夫婦別姓をより受け入れる体制を整えていく必要があるのではないかと思います。

国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
bus.gob.jp
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年12月号のご案内 | 国際通信社

月刊報道ニッポン 動産担保融資

現代画報に、「動産担保融資」についての記事が出ていました。
これは世界的な信用収縮により、企業の資金調達が厳しくなる中少しずつ広がりを見せた制度です。

米国における信用力の低い個人向け住宅融資、サブプライムローン問題に端を発した米国景気減速は、
世界の金融業界だけにとどまらず、実体経済へも影響が及んでいます。
米国ではオバマ新政権に期待が寄せられながらも、
まだ以前の水準への回復までには時間がかかるとされています。
この影響は日本経済にも大きく影を落とし続けており、
金融機関は中小企業への融資に慎重な姿勢をとらざるを得ない状況が続いています。

そんななか、今注目を集めつつある「動産・債権等担保融資」。
これは商品や製品を担保にした資金調達方法です。

昨年2月には、世界的企業のパイオニアが、メインバンクである三菱東京UFJなど5行とのローンにおいて、
カーナビゲーションやプラズマテレビといった国内向け製品を担保にしました。
テレビ事業に自動車不況が重なって巨額の営業赤字を見込んだパイオニアが出した苦肉の策でした。
このように、自社の製品を担保に足元をつなぐ企業は
今後も増えていくと見られており、
この動きが日本の中小企業を救うきっかけになれば・・・と期待されています。

大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道ニッポン | 報道通信社 | 薬物汚染について考える
現代画報 紀行

国際ジャーナル月刊誌 雪まつり。

さっぽろ雪まつりの準備が始まり、郊外から雪が大通りに運び込まれているそうです。札幌に来てから3年くらいは大通りの近くに勤務していたので、毎年仕事が終わったあとなどに雪まつりを楽しんできました。費用がかかるということで、縮小や廃止の話もあるようですが、やはり毎年恒例のもの。是非ずっと続けていただきたいと思います。
 夜のライトアップされた雪像は本当に幽玄で美しく、しばらく見ほれてしまいます。とても細かい作業で、みなさん毎年苦労されている様子が伺えます。夜中まで製作されている姿を何度も拝見しています。
 札幌のお祭りはこの雪まつりと夏のよさこいソーラン祭りでしょうか。どちらもとても賑わい、海外からの観光客も多くみられます。こうして誇れる祭りがあるのは、素晴らしいことです。
 北海道にきて、四季の美しさをますます感じるようになりました。東京違って、桜と梅が一緒に咲くのはいまだに不思議ですが、寒くて長い冬をすごして、花が一斉に芽吹く春を迎えるときの幸せな気持ち。冬は冬で長くて寒いですが、雪の美しさにうっとりするときもあります。夏は短いですが、みんな元気に遊びまわります。
 自然が近くにあるというのも札幌のメリットひとつでもあるでしょう。後数年経てば、私のふるさとになるであろうこの札幌をもっともっと満喫していきたいと思います。

国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルと私
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年5月号のご案内

国際ジャーナル月刊誌 我が家で評判の

恒例のように姉の子供達がやってきました。
毎年彼等が来るのは、
もちろんお年玉目当てもあったでしょうが、
大人になった現在は、
もっぱら、おばあちゃんの「きんぴら」と、
「お吸い物」が目当てのようです。

我が家では、毎年お正月一番先に振舞うのが
このお吸い物です。
簡単なようで、盛り付ける具材に結構手がかかるのですが、
中でもたまごが難しい。
沸騰させたお湯にお酢を少々たらして
半熟よりやや硬めに茹で上げるのですが、
お酢が少なすぎるとかたまらないし
多いと酢っぱくなってしまいます。

今年は、おばあちゃんならぬ、おばちゃんが
料理を一手に引き受けたので、
年に数度しか作らないたまごに、コツを忘れて悪戦苦闘。

きんぴらは濃い目の味付けで仕上げます。
気持ち足した七味唐辛子が思いのほか辛かったけれど
味の判定はなかなか上々で、
深皿2杯きれいに平らげて帰っていきました。
こらも我が家の風物詩です。





21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年12月号のご案内 | 現代画報社
partner.sphere.sc

国際ジャーナル現代画報報道ニッポン ダイエット。

 セレブリティが公の場でダイエットや健康の秘訣を語ることに医師や科学者たちが注意を促しているそうだ。お酢が体を浄化して、余分な水分や糖分を取り除くと言っているセレブの意見を栄養士が指摘し、警告を促している。確かにそんなに簡単にやせる魔法のようなものはあるはずない。お酢は体に良いとは言っているし、料理で使うのにはとても素晴らしい調味料となりうるが、痩せるとは聞いたことがない。他にもセレブたちが個人的に信じている間違ったダイエット法などを、ファンがマネをして体を壊してしまったら大変なことになる。芸能人たちの言葉は大変な影響力があるから恐ろしい。
 ダイエット法というのはいつの世にも流行るもので、私たちが学生の頃はりんごダイエットなどが主流であった。私は食べることが大好きだったのでダイエットなんて気にもしなかったのだが、友人の多くが体のことを気にして、様々なダイエットを行っていた。りんごダイエットのような一品だけをとっていれば、間違いなくやせるだろう。しかし、どう考えても体によくない。案の定生理が止まってしまったり、肌荒れなどがひどくなった友人がたくさんいた。
 きちんと食べるものを食べて、運動をし、無理なくやせなければ年をとったときに体がぼろぼろになるのは目に見えている。そろそろがたが出てくる年頃の私は実感している。

国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
ぱんだの国際ジャーナル
報道ニッポン―草花からのシグナル・報道通信社

国際ジャーナル現代画報報道ニッポン 不況の救世主は「たこ焼き」?

不況のご時世からか、腹もちがよい“たこ焼き”がブーム!



その流行りの中心は、ご存知「銀だこ」



「銀だこ」で使われるタコは、日本で年間で消費される

タコの10%を占めているそうです。



10%って、すごいですよね?



それだけ、店の数があるんだろうと思い調べてみたら、

日本国内に307店舗、海外に9店舗。

これだけの数の店で、毎日たこ焼き焼いていれば10%は信じられますね(笑)



銀たこのたこ焼きの特徴は・・・



周りはカリッと♪

中身はトロッと♪



「銀だこ」ならではの食感、これが、たまりませんよね?



もう何年も前の話ですが、初めて「銀だこ」のたこ焼きを食べようと思い、

長蛇の列に並びながらたこ焼きを焼く作業を見た時、

油で揚げているような作業工程にビックリしました。

しかし、実際食べてみると、油っぽさも気にならずビックリした記憶とともに、

今ではその油を使って作のが、“「銀だこ」のたこ焼き”というスタイルが定着しています。



「銀だこ」を運営するホットランドは、“和のファーストフード”を目指し

日経レストランでは「銀だこ」を、“家計の救世主”と称しているそうです。



私も“家計の救世主”にあやかりたいですが、なにぶん不況なので。。(笑)

今夜は、自宅でたこ焼きしようかな♪

国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
仁の取材 報道通信社ブログ
報道通信社|報道ニッポン|記者サイト

国際ジャーナル現代画報報道ニッポン 話題の山里いじめ、まちゃまちゃも犠牲だった!

南海キャンディーズの山里亮太さんがご自身のラジオ番組の中で、

品川祐さんとみられる人にいじめられていた事を告白したら、

品川さんだということになってしまい、品川さんに非難が殺到しましたね。



品川さんは、いじめはしていないと否定し。大炎上したらしいツイッターの

アカウントは削除。



まちゃまちゃさんも、売れない芸人時代に「まだ芸人やってんだ?」と

品川さんに小ばかにされたと言ってました。



しかし有吉さんには「おしゃべりクソヤロー」を命名されている品川祐さん

ですから、あったかもとついつい思ってしまいます。




21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道ニッポン | 報道通信社 | 報道ニッポンの投稿サイト
気ままな現代通信

国際ジャーナル現代画報報道ニッポン 山・海・里

報道ニッポンで三重県を特集してますね。実家が三重なので、どんな記事が載っているのかちょっと気になります。お伊勢さんだけじゃなく、山、海、里の3つのエリアに分けての取材みたいで、「そうそう 三重は実は海の幸山の幸の国?」と思わず頷いちゃいました。まだ記事を読んでいないので、どこを区切って紹介しているか分かりませんが、ちょっと三重を知っている者として考えるなら、山の方は、やはり伊賀でしょう。海は伊勢志摩、鳥羽あたり。里はどこかな。世界遺産の熊野古道?実家はどちらかと言えば里、県庁所在地の津に近いのですが。温泉もあちこちで湧いてます。鈴鹿サーキットやパルケエスパーニャ、長島スパーランド・・結構いろいろあるなあ。
あとやっぱり食べ物。伊勢海老、松坂牛、的矢牡蠣、あわび、南紀みかん、お茶、赤福、伊勢うどん、天むす(三重県津市のお店が発祥!)、てこね寿司、平治せんべいなど、海の幸山の幸盛りだくさんといった感じですね。
三重は名古屋にも大阪にも近くてアクセスが良いです。でもその分、なかなかスポットが当たりにくい土地みたいですねえ。こうやって挙げ出したらキリがないくらい、見所食べ所があると思いますが、まあ 他の地域から見ると、東海と言えば名古屋に目が行ってしまうのかもしれません。愛知県というより名古屋よね。山、海、里と様々な楽しみ方が出来るのだから、三重県ももっとピーアールして欲しいですね?。三重出身の芸能人、少ないからなあ。。何しろ地道に良いものをつくって、環境を守っていくことが一番かな!がんばれ三重県?。





21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
gourmet.gob.jp
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年4月号のご案内 | 現代画報社

国際ジャーナル現代画報報道ニッポン 食べ物の値段が高騰

国民の生活に影響があるのが「食べ物の値段高騰」だと思います。
野菜の値段が高騰するなど、困った人がかなり多いと思っています。
ガソリンの高騰ももちろんですが、値段が上がるというのは生活に
大きな影響を及ぼすのではないでしょうか。
「食」に関しては、国際通信社から発行されている雑誌にも取り上げられて
いるかと思います。

そして、ここ最近は「卵」が値上がりしているのです。価格指標は昨年末に
約5年ぶりの高水準を記録しました。今年1月10日時点の相場も近年を大きく
上回っています。背景にあるのは、餌代の高騰や昨年の猛暑による採卵鶏の大量死、
そして国の生産調整などです。
宮崎県では「鳥インフルエンザ」が確認されるなど、気になる今後の卵の値段の
見通しや生活への影響はどうなるのでしょうか。

卵が入った食品は、店頭に数多く並んでいるように思います。
卵が高騰すれば、それらの商品はどうなるんだろう・・・という気持ちにもなります。
生きていく上で必要な食べ物なのですが、値段が高騰してしまえば体に良いものも
買うのを躊躇してしまいますね。食卓が全く変わってしまうという場合もあるかも
しれません。
不景気の中、色々と努力されている人も多い中で値段の高騰は非常に厳しい話です。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
books.weblog.vc
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年11月号のご案内 | 国際通信社

国際通信社 月刊 四つ葉のマーク

四つ葉のクローバーをデザインした、新しい高齢運転者標識が2月1日に施行
されました。現行デザインの「もみじマーク」も、当分の間使用できるという
ことです。
新しいデザインは、シニアの「S」の文字を図案化したものだそうです。
思いあい、ゆずりあい、まごころある車社会へとつながるようにと願いが込められて
いるそうです。
車の運転は、高齢者だけではなく、高齢者以外の人で運転免許を持っている人
は安全運転を心がける必要があると思います。無理な運転は事故につながります。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道ニッポン | 報道通信社 | 国際通信社グループ 国際ジャーナル 現代画報
報道通信社の報道ニッポンのVIP・ザ・職人に掲載

国際通信社 月刊 肌の保湿対策重要

寒さが厳しい上に、乾燥する状況がかなり続いてるように思います。
テレビやニュースでも天気予報では「乾燥」に関する話をよく耳にします。
そして新聞に載っていた記事なのですが、東京のある皮膚科では乾燥が原因
なのでしょうか、肌のかゆみを訴える若者が例年よりも多く訪れているのだ
そうです。この皮膚科の院長は、かゆみ防止対策として「熱い風呂に長く入る
と皮膚の油分が失われるので、長湯は避けたほうがよい」と新聞取材で話して
います。そして、風呂上りの保湿対策も大切だということでした。
肌が乾燥すると、かゆみを伴うということは以前にも聞いたことがあります。
今年の冬は、保湿が今まで以上に大切になってきますね。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
経済がわかる報道通信社の報道ニッポンは経済誌
ジャーナルライフ

国際通信社 月刊 話題のKARA、復活!

KARAがやっと復活し、日本に来日しました。



「このたびは皆様に大変ご心配をおかけしました。

これからも5人で頑張っていきます」



今朝、7時半ぐらいに公式ブログで、活動継続の

報告してから来日とは、ちゃんと計画してるなと

思いました(笑)



今後も5人での活動を続けるとのことですけが、

だとしたら、あの騒ぎは何だったの?と思ってしまいますが、

韓国のアイドル事情も複雑みたいですし、よくわかわないので、

KARAのメンバーにとって今後に向けて良い方向に向かう

のであれば、それで良いのかもしれませんよね。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社 取材
bus.gob.jp

国際通信社 月刊 日本最大級の菜の花畑が満開です♪

冬の花で知られる「菜の花」



その菜の花畑では日本最大級と言われるのが、愛知県渥美半島の田原町にあります。

そこは野球場3面分の広さに300万株の「菜の花」が、現在咲き乱れています。



観賞用の遅咲き・早咲きの菜の花が植えられているので、開花期間は長く、1月上旬から3月下旬まで楽しめます。



田原町の菜の花畑は、自然の中の菜の花畑で入場料などありません。

「菜の花」自体も、種を植えられたら、後は自然の力で成長するので、手入れなど行わない。

咲き終わった「菜の花」は、土に混ぜられ、来年の菜の花のための肥料となります。



冬の景色に、一面緑と黄色のコントラストの菜の花畑は、見事です!



わが家の小さな庭にも、毎年「菜の花」が咲きます。

だぶん、どこからか種が飛んできたようで、今年で4年目です。

初めて姿を見た時は葉のみ・・・

なぜ庭に大根が?と思ってしまいました(笑)



しかし、花が咲き始めると、緑のない冬の庭の景色に彩りを与えてくれます。

咲き終わった後の種を保存しておき、来年用にしています。

花壇に植えるのではなく、枯れている茶色の芝の場所に適当に種をパラパラと…

手入れなどせずとも、スクスクと育ってくれる、手のかからないのが「菜の花」



玄関や庭先を、彩ってみてはいかがですか♪

国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルからの誘惑
press-blog.org | 国際ジャーナル | 国際通信社

国際通信社 月刊 救急隊の急患受け入れ電話に出なかった

新聞に載っていた記事なのですが、愛媛県四国中央市中之庄町にある医療センターで
昨年の12月の夜間、2次救急当番だったにもかかわらずに、救急隊の急患受け入れを
要請する電話に出なかったことが分かったのだそうです。

急患の70歳代女性は市内の別の病院に運ばれたということなのですが、亡くなったの
です。この医療センターは「警備員が警備員室から、事務員が詰めている事務当直室に
電話の受信を切り替えないまま巡回に出たのが原因」として、警備員室と事務当直室の
両方で電話を受けられるようなシステムに変更したと話しているようです。

「もし、電話に出ていてくれたら・・・」身内の人たちは思っているかもしれません。
人の命を救う場である医療の現場でそのような事が起きていたというのが残念でなり
ません。
国際通信社から発行されている雑誌にも「医療」に関する記事が様々な内容で載って
いたように思います。
急患というのは、いつ出るか分かりません。緊急の場でありながらたったひとつの作業
をしなかったために、時間が経ってしまった・・・。非常につらい話ですね。
「起きてしまったから今後の対策を」ではなく、起きる前から徹底した作業をすべき
なのではないでしょうか。
今回、愛媛県の医療センターの内容が新聞に載っていましたが、ひょっとしたら
全国で同じようなことが起きている可能性もあるのでは・・・と思いました。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報 メタボリック・シンドローム脱出方法 現代画報社
国際ジャーナル通信
フリーエリア
プロフィール

2oo9

Author:2oo9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。