スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 月刊 PC買い取り恐喝未遂の男「これぐらいで恐喝になるんですか」

犯罪とは無知が引き起こすこともあるのかもしれないが、それにしては常識のない35歳です。顧客情報を不正利用せずに、丁寧にも、その会社へ連絡したのだから、この男にとっては、会社が感謝するだろうから、謝礼金を払うだろうという常識の範囲内の手数料請求だったのかもしれません。この男の行為よりも重い問題は、パソコン所有会社が依頼したデータ消去を業者が行っていないという事実が怖い。普通の会社は自社で消去、または、物理的な破壊行いますが、外部業者に委託もあり得ることでしょう。その受託会社が手間を省いているとは、驚きです。契約違反でこれは犯罪でしょう。ニューバリューはこちらの方が高いのではないか? これは、その業者名を公表すべきでしょう。食の偽
装と同じ構造で、日本社会の企業モラルが、もうあらゆる所で完全に崩壊している証拠です。これも氷山の一角であろう。また、似たようなことが多くのことで行われているに違いない。



国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルとの再会
ベンチャージャーナル
スポンサーサイト

国際通信社 月刊 学校で取材。

 近所の焼肉屋で夜時々アルバイトをさせていただいている。この間年が一回りも離れたバイトの大学生と話をしていたら、「オレ、小学生のとき、この店にきたんですよ。」と話しだした。聞くと、小学校の授業でいろんなお店に行って、取材をするという授業があったそうだ。私の時代にはそんな授業はなかったので、興味深く聞いていた。焼肉屋さんがどんな仕事をしているのか、どんなお肉を扱っているのか、取材をして、みんなに発表するそうだ。他にも美容院やケーキ屋さん、スーパーなどにも行くらしい。
 「面白いですよね。そのとき取材させてくれた店長のところでバイトしているんですよね。」と彼は笑った。彼がこれからどういう道を歩むのかはわからない。けれど、小学校のときのその授業によって、大学時代のバイトが決まり、もしかしたらいずれ飲食業で働くことになるかもしれない。とても面白い経験をさせてもらっていると思う。
 学力低下が叫ばれている昨今だが、私たちの時代のように社会で役に立たないと思われるものをいっぱい頭に詰め込まれるよりも、多少学力が下がったとしても将来の経験となる授業をこれからももっと増やすべきだろう。老人ホームに行ってみるとか、病院へ行ってみるとか。勉強ばかりの頭でっかちな子供を増やすのではなく、広い視野を持った子供たちを増やすことで、日本の将来も明るくなるのではないだろうか。

21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
lua.weblog.am
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年2月号のご案内 | 現代画報社

国際通信社 月刊 深夜考

疲れたー
とにかく疲れたー、とふと思いました。
毎日忙しくがんばっている(つもり)ですが、
深夜、一人の時などは、色々物思いにふける
時間がありすぎるのかも知れません。

だらしなくても、よれよれしてても、
たまにはほっと一息つける居心地の良い空間を
自分のためにもみんなのためにも
作っていけたら良いのに。

疲れてるのは、体より心なのかも。
がんばり、ってどこかで無理してるのかもしれません。
もっと自然体で生きていけるようになるには、
まだまだ修行が(?)たりないようです。

それにしても、丑三つ時とは、魔の時と
昔からいうようですが、
確かにうごめく暗闇の魔力は
思考にも影響を与えてしまうみたいです。
ここは、眠るのが一番健全なのかも。

大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
本の紹介 「関西変身どころ」 | 国際通信社
国際通信社 取材

国際通信社 月刊 これからの熱い戦場はインド?

日本の経済発展を支えてきた産業といえば、やはり製造業だと思います。特に、
トヨタ、ホンダなどの自動車産業については、その中でも代表的な産業ではない
かと思います。これからの日本経済において、この自動車産業の行方はどうなっ
ていくのでしょうか。最近はインドなどでも、低価格の車を地元の自動車メー
カーであるタタが発売するなど、日本勢も安心している状況ではなくなってきま
した。インドのニューデリーでは、年明けにモーターショーが開催されていま
す。トヨタ、ホンダなど日本メーカーを含めた、世界中からのメーカーが集ま
り、大盛況となったそうです。自動車のメイン市場は、中国やインドにシフトし
ていることを現す象徴的な出来事なのかもしれません。国際ジャーナルなどで
も、インドの自動車産業に対する分析については、もっと報道してもらいたいと
思います。インドの自動車市場では、スズキの現地法人「マルチ・スズキ・イン
ディア」がシェアの50%を占めていいます。そのスズキは独フォルクスワーゲ
ンとの統合を発表したのは記憶に新しいところです。アメリカGMなど、世界の
大手メーカーも、インドに対する低価格戦略車を今回のショーでは出品していま
す。インドはまさにホットな戦場になっている様です。








21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
現代画報|現代画報社|国際通信社グループ 国際ジャーナル 報道ニッポン
国際ジャーナル批評

国際通信社 月刊 どこかおかしい

現代画報1月号に東京マラソン2011の記事が載ってますね。ラジオからももパーソナリティがチームで参加するとか、抽選にもれたとかいう話題が聞こえてきます。ランニングが趣味のダンナに「東京マラソンには出たくないの?」と聞いたら、エントリーフィーが高すぎるし参加人数が多すぎて無理、とのことでした。確かに毎年すごい人数が参加してるし、フルマラソンの参加費は1万円というからオドロキです。まあ 一種のお祭りですね。抽選までするお祭りってすごいなと思うけど。もっとすごいと思ったのは、チャリティーランナーを募集したことです。10万円以上の寄付金を払って走るっていう酔狂と言うか金持ちの道楽的なこの括り方はいかがなものかと。法人じゃなくて個人限定だということだし。ホントに純粋にチャリティーでやりたいんだ!って人しか取らない姿勢なのかもしれませんが。ちょっとやりすぎだと思う。
ランニングブームにおいて、東京マラソン以上にどうなの?と首を傾げたくなるのが、皇居ランね。夜になると走る人と通行人が路いっぱいになって渋滞することもあるそうで。衝突事故も多いし、ゴミとかのマナーの悪さも目立つみたい。皇居ランツアーを組んでる旅行会社とかね。頭がどうかしてると思いますね。素直に近所で走ろうよ(苦笑)



国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル 世界のアイデア商品
現代画報の通信日記

国際通信社 月刊 お城

現代画報\の表紙には美しい岡山城が表紙となっていました。
世の中にはいろいろな趣味の人がいますが、私の知人でお城め
ぐりが趣味という人がいます。遺跡・史跡が趣味という人は多
いと思いますが、この人の場合は特に興味が城に特化している
みたいです。まあ、全く理解できない趣味ではありません。表
紙となっている岡山城は美しいですし、私の地元の富山城だっ
て小さいですが、観光スポットになっています。大阪城は歴史
的にも大変意味深いし、名古屋城は金のしゃちほこが非常に有
名でもあります。私の知人の場合は、山城なんかにも興味があ
るらしいのですが、それに関しては素人の私は全く理解できま
せん。実際に仕事の関係で山城跡を一緒に訪れたことがあるの
ですが、ただの林で全く城に見えないのです。考えても見れば
城というのは戦争の時、自分の本拠地であり、前線の基地とな
るようなところなのですから、強固なものである場合もあれば
、非常に簡素に作られる場合もあるわけです。だだっ広い場所
に柵だけ作ったような城もかなりあったようで、そのような場
所が何百年たってもただの林であっても不思議ではありません
。私の知人は、その場所に立ってみて、そこでの歴史を考え、
思いをめぐらせることがいいのだとか・・・。ロマンティスト
ですなー。




国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年6月号のご案内
国際ジャーナルとの巡り合い

国際通信社 月刊 たばこや多額の現金を盗まれた男性

10月7日の午後7時ごろに、名古屋市千種区の男性会社員から「自宅から現金を
盗まれた」と110番通報があったそうです。

県警が調べたところ、室内が荒らされていたそうです。被害に遭った男性の話では、
2階の棚の封筒に入った現金が約1000万円、預金通帳が約20冊、値上がり前に
まとめ買いしたというたばこ980箱などがなくなっているということです。
県警で多額盗難事件とみて調べているそうです。

発表によると、1階居間の掃き出し窓のガラスが割られていたそうです。
被害に遭った男性は1人暮らしで、この日は午前6時前には出勤、午後7時までは留守
にしていたそうです。
預金通帳の預金残高は、計数千万円分に上るとみられています。
男性はふだんから自宅に現金を置いていたそうです。

国際通信社から発行されている雑誌にも載っていたのですが、今の日本は「不景気」です。
不景気の影響を受けて強盗や引ったくりなど悪質な犯罪が増えているようにも感じられます。
そんな中、10月1日からたばこの大幅値上げです。
金銭だけではなく、値上げ前に買っておいたたばこを盗む犯罪もこれから出てくるのでは
ないか・・・と私は思っています。
この景気さえ少しでもよくなれば犯罪は減る・・・とは思いませんが、世の中に今よりは
明るい話題が増えてくるのではないでしょうか。
私たち国民は「いつになれば・・・」と指をくわえている状態ですね。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報|現代画報社|国際通信社グループ 国際ジャーナル 報道ニッポン
国際ジャーナルの詐欺に関する記事

国際通信社 月刊 日中間における経済を今一度考えてみたい



中国との漁船衝突に関する諸問題は、これからの中国との関係を考えるにおい
て、非常に示唆的な事件 ではなかったかと思います。今回、電子部品など一般
貨物の通関検査が中国によって厳 格化されました。そのことによって、産業界
にも危機感が浸透したのではないかと思います。観光につい ても大きな影響が
ありました。いずれにしても日中経済の結びつきの 深さを考えた場合、これか
らの双方の対応は、大きな経済的な影響を発生させることになると言えます。菅
直人首相の考え方はどうなんでしょうか。中国の温家宝首相との首脳会談で、ど
のような方向性にしたいと考えたのでしょうか。その点については、国際ジャー
ナルでも分析を行って欲しい ところです。中国政府としても、日本との関係正
常化に努力すべきではないかという意見も多数でています。これからの中国関係
を今一度考えてみたいところです。例えば、レ アアースの問題があります。レ
アアースはハイブリッド車のモーターやハイテク製品の製 造に欠かせない素材
となっています。日本の経済にとっても、重要な資源となっているわけですね。
世 界のレアアースは中国が97%を生産しているの で、日本としてもこれから
の対応を考える必要が大きいと言えます。





報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを見つけて
現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト

国際通信社 月刊 猛暑だったのに、ビール類出荷が過去最低に

ビール大手各社が10月13日に発表した2010年1?9月のビール類出荷量は
前年と同じ時期と比べると2.5パーセント減の3億3679万4000ケースと、
1?9月としては6年連続で前年実績を下回り、1992年の統計開始以来、過去
最低となったのだそうです。このビール類とはビール、発泡酒、第3のビールとい
うことです。そして、ケース単位で数字が上がっていますが、これは1ケースを
大瓶20本換算しているということです。

今年は例年にない暑さと報道されているくらい、猛暑が続きました。そして厳しい
残暑ということもあって9月には堅調に推移したそうですが、春先の天候不順や
消費者の節約志向による落ち込みを挽回することはできなかったようです。

酒類別では、ビールが3.5パーセント減でビール類異常全体の5割を切った一方で
低価格が武器とされている第3のビールが10.3パーセント増で3分の1を占めた
ということです。

本当に今年は暑い夏でした。熱中症で病院に運ばれた人も過去最高などというように
報道されていたかと思います。この暑い中、仕事から帰ってきて「ビールで一息」と
いう状況はこの不景気の中、難しかったのかもしれませんね。ちなみに我が家でも
あまりビール類は出ませんでした。まだまだ国民の財布の紐は固いようです。
政府はこの「不景気」の状況を何とかしていただかなければ、財布の紐をゆるめると
いうことはできません。国民の今の生活がどのようなものであるかということを、
実際に目で見ていただければよいのですが・・・。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社 取材
cars.ebb.jp

国際通信社 月刊 ユンソナ、事故から復帰

ユンソナさんといえば、去年の10月下旬、韓国滞在中に交通事故にあってしまい、右足の骨を折る重傷を負ったニュースが記憶に新しいかと思いますが、そのユンソナさんが大阪市内のレギュラー番組、住人十色で1月12日に復帰されたそうです。先に韓国では復帰されていたようですが、日本で復帰されたのは2ヵ月半ぶりだそう。まだ松葉づえ状態だといいますが、回復されてよかったですよね?!交通事故に遭うのは不運ですが、不幸中の幸いにも骨折だけで済んでよかったのかも。ちなみにユンソナさんは、今は体が一番大事、焦らずにやっていきたいと話しているそうで、また番組で一緒の松尾貴史さんは「僕は訃報として聞いていましたから」と冗談を言いながらもユンソナさんの復帰を喜んでいるそう。また、初仕事の後に取材に応じたユンソナさんが、足のほうはあと2?3ヶ月頑張ればちゃんと歩けるようになる、といわれ、そして事故は出産の100倍ぐらい、超痛かった、そして周囲に迷惑をかけたことを反省したものの、ユンソナさんにとってはいろんなことを考えるきっかけとなり、3年前に出産した息子が事故を機に一緒に過ごす時間が増えたことで、やっとママの存在をわかってくれたと話しているそう。

21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道ニッポン|報道通信社
現代画報で読み解く

国際通信社 月刊 大学生の就職内定率

テレビのニュース番組や新聞にも載っていたのですが、今春卒業予定の大学生の
就職内定率が昨年12月1日現在で前年と同じ時期と比べ、4.3ポイント下回った
そうです。下回った数字は68.8パーセントだったそうです。
これは、1月18日に厚生労働省・文部科学省の調査で分かったということです。

2年連続の過去最低の更新で「就職氷河期」と言われて最も厳しかった1999年の
同じ時期と比べても5.7ポイントも低い水準だったということです。
統計を取り始めた1996年以来、初めて7割を割り込んでしまい、学生の就職事情
の厳しさが一段と鮮明になったことなるのではないでしょうか。

最終的な就職率の過去最低は2000年の91.1パーセント。当時よりも内定率は
低く推移、景気の先行きも不透明なために文部科学省は「最終的な就職率も過去最低
となる可能性が出てきた」としています。

まだまだ厳しい状況が続いている日本です。就職活動をしている学生のインタビューが
ニュース番組で放送されていましたが「面接にすらたどりつかないケースが多い」と
いうことでした。大学で学んだ知識などを仕事に活かしたい・・・という学生も
多いでしょう。「贅沢は言ってられない」という学生もいると思います。
が、どんな考えであってもなかなか就職できないのが現実なのです。また、リストラで
職を失い、再就職を希望する人に対しても就職先がない状況。
この現実を国はどう受け止めているのでしょうか。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
trip.bulog.jp
bis-press.net | 国際ジャーナル | 国際通信社 | 詐欺と情報セキュリティ

国際通信社 月刊 24時間体制ではなくなってしまう・・・

全国の自殺者が12年連続で3万人を超える中、30年以上にわたって24時間体制で
自殺志向者からの電話相談に応じてきた、大阪市中央区のNPO法人「国際ビフレンダーズ・
大阪自殺防止センター」が、今月いっぱいで無休の相談をやめることになったのだそう
です。
理由は相談員不足で、電話に十分応対できないことが原因だといいます。11月からは
週末だけに絞って受け付けるといいます。相談員不足は、他の自殺予防のボランティアでも
深刻な問題となっているようです。

このセンターは1978年1月に創設されて、相談業務をスタートさせました。
そして相談員は最盛期には100人を超えたのだそうです。が、近年は高齢化し、「時間が
合わない」「体力がなくなった」などとして辞める人が目立ち、約40人までに減少した
そうです。1日平均500件の電話が鳴るようですが、実際に相談を受けたのは10分の1
以下の約40件にとどまっているといいます。
大阪府内の自殺者数は昨年2039人で、東京都についで2番目に多いのです。

1人でも多くの人の命を食い止めようと頑張っておられると思うのですが、やはり業務内容
は厳しいものなのだと思います。おそらく、自殺者数が増えているというのも「不景気」と
いう原因もあるのかもしれません。以前、雑誌「現代画報」でも「不景気」に関する記事が
載っていました。
「話を聞いてほしい」・・・そのような気持ちが強く、受話器を手に取るのかもしれませんが
対応できない状況になってしまうと、今後が不安に感じてしまいます。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル インターネットクチコミは詐欺?クチコミの判断法
国際ジャーナルで読み解く

国際通信社 月刊 育児休暇バトル

みなさん、最近女性たちの間で人気のある男性像って知っていますか?ずばり、「イクメン」だそうですよ。これ、育児をするメンズということなんですが、そんなイクメンが増殖中の日本で、流行に乗ったニュースを発見しました。今日本全国で、育児休暇を取得するメンズの皆さんが増えているようですが、その自治体の首長の育児休暇取得をめぐって、大阪府の橋下徹知事が10月21日に、育児休暇に対して「反対。世間が育休を取れる環境をつくってから、公務員が取るのが筋」と批判したそうです。そしてそのコメントに、第3子が誕生した後、育児休暇取得を表明した広島県の湯崎英彦知事が、「大きなお世話だ」と反論しているのだそうですよ?。確かに橋下知事がいう、世間の会社では育児休暇が取れないはわかりますが、だからって公務員の人がせっかく取れる育児休暇を取らないなんてばからしいのではないかなあ、なんて思っちゃいましたけど。橋下知事は、よく『知事が先頭に立って機運の醸成を』というけれど、それはあまりにも世間を知らなさすぎる、世間は育休を取れるような環境じゃないと指摘したそうですが、湯崎知事は、見解の相違ではないか。まさに広島県もいろいろな方法で育休を取りやすい環境づくりを政策的にやっている、わたしの育休取得は、その一環と話しているそうで、批判は当たらないと言っているそう。それもそうですよね?。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年9月号のご案内 | 現代画報社
games.awe.jp

国際通信社 月刊 沖縄問題の解決をどのように考えるのか?

最近は東アジアの安全保障をめぐる情勢も動きが活発 になっていますが、そん
な状況において、沖縄の問題は注目する必要があると思います。菅直人首相です
が、最近沖縄を訪問して、沖縄の仲井真弘 多知事と会談しています。この訪問
の目的としては、先の沖縄県知事選を受け米軍・普天間基地問題の打開を探る狙
いがあったのではないかと報道 されています。今回の協議はあまり成果がな
かったようです。これからの政府の対応が気になるところです。国際ジャーナル
でも、沖縄の基地問題 における今までの経緯をまとめてほしいと思います。沖
縄県知事選では、再選された仲井真氏も対立候補もともに普天間の「県外」移設
を訴えてい ました。状況はとても厳しいものがあります。県内への新基地建設
を拒む民意は、選挙によって明確になっているのかもしれませんね。菅首相は、
沖縄・名護市辺野古に新基地を造るとした5月の日米合意を実施する事を目標と
しているようですが、その前途は厳しいものがありそうです。アメ リカとの関
係についても、今は重要な局面となっています。菅内閣における外交面での舵取
りも重要なところです。この沖縄の基地問題について は、今後も注意していく
べきだと思います。





国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社books | 国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
報道通信社 取材

国際通信社 月刊 クマムシ

“クマムシ”という生物の全ての遺伝子情報を解読したそうだ。
ところで、クマムシという生物をご存知だろうか。苔などに住む1mm程度の非常に小さな
虫のことだ。
実はこの生物、生命エネルギーが凄まじい。絶対零度などという想像もつかない極寒
から、151℃の灼熱までを生き抜く上、宇宙空間でも大丈夫。さらには水分がない状態で
数年放置しても、水分を与えれば復活するという。実に驚異的なパワーだ。

で、このクマムシの遺伝子情報がどうしたのかというと、今後医療面への活用が
期待されているとのこと。 乾燥から復活するメカニズムを解明し、輸血用血液の
保存や幹細胞の保存に役立てたい考えなのだそうな。

クマムシの遺伝子情報は70%近くがクマムシ独自のものだったそうで、素人考えながら

進化の過程にも想像は膨らんでいく。この生命体はどこからやってきたのだろうと。

クマムシの驚異の生命エネルギーを思うと、昆虫が隕石に乗って宇宙からやって
きたなんて説も、あながち非現実的な話ではない気がしてしまう。
(今回の“ムシ”と“昆虫”は違うけれど)
火星に水はあるというし、私たちが存在する事自体が他の生命体が存在し得る証
拠なのかも……なんて冬の星座の代表であるオリオン座を眺めながら、遥か宇宙
空間に思いを馳せるのも悪くはない。

国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
商法総則 by 国際ジャーナル
発刊が楽しみな報道通信社の報道ニッポンへの思い

国際通信社 月刊 オス化”の波に売れ動く女性

最近のニュースを見ても、女性が凶悪犯罪に関わっている割合は感覚的な印象ではありますが増えているように思います。女性の犯罪を殊更メディアが多く取り上げているとは思えないので、恐らく増加しているのではないかと思います。そして、連続した小太り、中年女性の連続殺人事件疑惑。疑惑でなく、確定だとは思うのですがまだ、立件はされていないようです。女性のオス化、肉食化は、多分に相対的なものかもしれませんが、女性が社会進出して、家庭に入ることを最終目的にするのではなく、自己実現をより優先させるようになっていったのなら、これは必然の結果でしょう。女らしさは本来は、種を保存するために神が与えたものではないでしょうか? それを第一優先としないで生きていくことを選べば、そこには女らしさは邪魔以外の何物でもないのではないか? 残念ながら女性ではないので自ら納得することはできないがそう感じる。男性の草食化は理由が見当たらない。身を呈して働くことを拒否しはじめているのか? 女性との相対でそう見えるのか? 社会にとっては種の保存がままならないから、このままでは少子化は止まらない可能性が高い。
---以下、東京ウォーカー引用要約
最近何かと話題となっている、女性の“オス化”。「草食男子」「弁当男子」の増殖に対抗するかのように、グイグイと勢力を伸ばしている。25?35歳の未婚女性500名に実施したというアンケートでは「自分が“オス化”していると思いますか」の問いに対し、実に63%が「思う」と答えたという。だが、一方ではこんなデータもある。「自分には“女子力が足りない”と思いますか」という質問に約7割が「思う」と答え、「もっと“女子力”をアップしたいと思うことはありますか」の問いには、9割以上が「思う」との回答を寄せているのである。「自分はオス化してしまっている」と自覚しながらも、実は「もっと女性らしくありたい」と、現代の女性は悩んでいるようだ。




国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年6月号のご案内
じゃーなるの国際ブログ

国際通信社 月刊 百貨店の売上げ

大手百貨店の4社が1月4日までに発表した12月の売上げ高は、お歳暮などの
販売が振るわなかったために、各社ともほぼ前年並みとなったそうです。
これは新聞記事に載っていました。
その一方で、三越伊勢丹ホールディングスは、傘下の三越が銀座店を増床された効果
でプラスを確保するなど、攻めの姿勢が明暗を分けたようです。

三越、伊勢丹はともに前年の同じ月と比べると0.5パーセント増だったということ
なのです。
三越は9月の増床オープン効果が続く銀座店が31.4パーセント増と全体を牽引
ということでした。この増床オープンに関しては、テレビや新聞でも報道されていた
ようにも記憶しています。

そして伊勢丹は、クリスマス商戦のコートやアクセサリー、そしてバッグが好調で
クリスマス関連商品が8パーセント程度増加するなど、全館で0.7パーセント増と
なったことが寄与したということでした。

一方では、高島屋が0.7パーセント減だったということなのです。婦人服や宝飾品が
売上げを伸ばしたようですが、お歳暮の売上げが伸び悩んで、食料品が前年割れした
ということでした。
テレビのニュース番組で「この景気なので」とお歳暮を選びにきた客のインタビューが
放送されていました。インタビューに答えていた人のほとんどが値段を下げたり、
また今年は「送らない」という人の声もありました。以前にも、雑誌「現代画報」に
載っていましたが「不景気」の影響がまだまだ続いているのです。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社の取材で・・
報道通信社.com | 報道ニッポン | 国際通信社グループ (国際ジャーナル 現代画報)

国際通信社 月刊 日本の閉塞感を打破する経済政策とは?

今年の日本にもいろいろな事件がありましたが、経済 の状況を始めとして、国
民の心は晴れるどころか、ますます深まる閉塞感を感じているのかもしれないと
思います。これは残念なことです。新しい 1年に期待したいところです。国際
ジャーナルでも、これからの日本の展望については、引き続き提言を行って欲し
いと思います。今の経済状況と しては、企業業績もよくありませんが、国民の
所得も伸びず、更には貧困層が増大しているという現実があります。また、若者
は大学を卒業しても なかなか就職が決まらず、就活に疲れ果てた人も多いので
はないでしょうか。政治ではこの状況を解決していないと思います。それが国民
にとって もフラストレーションのたまる原因ではないかと思います。大きな
ニュースとしては、鳩山由紀夫前首相が政権交代の期待を裏切って1年たらずで
辞任してしまいました。その後を継いだ菅直人首相ですが、党内の権力争いに対
して指導力を見せられず、小沢一郎元代表の「政治とカネ」問題の 処理、中国
や基地問題に対する外交課題へのちぐはぐな対応で国民の不満を増加させている
と思います。正に今の日本には解決するべき問題が山ほ どあると思います。菅
首相にも頑張ってもらいたいと思います。





現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報を再発見
nippon-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)

国際通信社 月刊 未成年者が急性アルコール中毒

京都府にある警察学校の教官2人と初任科生の計約40人が昨年の11月に、
学校近くの焼肉店で懇親会を開いたそうなのです。
その際に、19歳の男子生徒が急性アルコール中毒で救急搬送されていたという
ことが今年に入った1月5日に分かったというのです。
これは新聞記事に載っていました。この記事を目にしたとき、私は非常に驚きました。

急性アルコール中毒になった生徒はすぐに回復したそうですが、初任科生の約半数は
未成年で、他にも未成年の数人が酒を飲んだというのです。

京都府警の関係者によると、懇親会は昨年の11月下旬にあったようです。
生徒は、懇親会が始まってから2時間くらいが経って体調の異変を訴えたようで、
出席者が119番通報したといいます。そして、男子生徒は救急車で運ばれたようです。

初任科生は、警察に採用された後に法律知識や捜査実務などを学ぶ新人警察官だと
いうことです。

飲酒運転や未成年の飲酒をとりしまっている警察官の姿をテレビを通じて見たことが
あります。かなり強く注意している場面も見ました。
その警察を目指す生徒が、また教官がそばにいながら法に反することをするという
のはどういうことなのでしょうか。私は呆れてしまいました。
自分の立場をもう一度見直す必要があるかもしれませんね。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル文芸批評
ペットジャーナル

国際通信社 月刊 通信費の経費削減になると評判のスカイプとは

いまの様な不況の時代では、なかなか売上げが伸びませんので、企業としては、
経費の削減も重要な課題となっています。どんな企業でも使っている経費として
は、出張旅費とか通信費があると思いますが、この費用を削減するのにとても評
判となっているのが、スカイプです。スカイプはインターネット回線を利用した
電話サービスです。インターネットにつながっているパソコン同士であれば、通
話料はかかりません。ですから、電話代の経費削減になります。また、電話回線
の契約料も節約できることになります。さらに、パソコンにカメラを接続する
と、ビデオ通話ができるようになります。ですから、お互いの顔を見て話ができ
ますから、会議の代用になります。それほど複雑でない議題であれば、このビデ
オ会議で充分に用が足せますから、いままでの出張内容を見直すことによって、
出張の旅費が削減できます。また、移動する時間も節約できますから、経営から
みると一石二鳥です。使い方はとても簡単で、まずは無料のIDを取得すること
で、だれでも使えるようになります。もし一般の回線に電話したいときは、別途
クーポンを購入することによって、電話をかけることができます。これはとても
便利なツールですね。







現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
経済情報誌 報道ニッポン 2008年9月号のご案内 | 報道通信社
nyao.weblog.am

国際通信社 月刊 「あの人は運気が強い」と評判の人の秘密

人が生きていく上で、いろいろな出来事が起きますが、いい事が起きたり、反対
に悪いことが続いたりすると、自分は運がいいとか運が悪いなどと考えたくなり
ます。では、この運とはなんでしょうか。これは各人の考え方によって変わって
くるのかもしれません。運のいい人、悪い人、様々な種類の人がいます。自分で
は運が悪いといいながら、こちらからは幸運に見える人、あまり成功していない
ように見えても、運がいいと自分で言う人、人それぞれです。人生はドラマだと
良くいいますが、運が人生のドラマに与える影響は、最も大きいのかもしれませ
ん。では、人生において運気をアップするためにはどうすればいいのでしょう
か。一番大事な事は、自分の考えによって、自分の好きな事を実行していくの
が、いい運を導き出す方法だという事です。自分は運がいいと思い込んでいる
人、周りから「あなたは運がいい」と呼ばれる人は、面白いもので、なぜか幸運
な事が起きるものです。その反対に、いつも自分は駄目だとか、自分にはいい事
はおこるはずがない、などと言っている人には、現実でも悪いことが起きたりし
ます。「引き寄せの法則」という自己啓発の本なども流行しましたが、これは人
生を楽しく生きるための基本かもしれませんね。







報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道ニッポン 好きな雑誌/報道通信社
国際ジャーナルに登場

国際通信社 月刊 天下の名城

現代画報」の表紙には、世界遺産がよく登場します。
 天下の名城、空に舞う美しい白鷺の別名を持つ、兵庫県の姫路城もそうです。

 JRの改札を北側に降りると、まっすぐ走る道路の先に、威風堂々としていて
優美で美しい城郭の姿が現れます。
 
 私は生れは姫路ではないのですが、すぐ近くに住んでいたため、子供の頃から
このお城に慣れ親しんできました。他の土地のお城をあまり見たことがないので
、どこのお城もこれくらい大きくて立派なのだと思っていました。

 長じて、色々な土地のお城を見るにつけ、「姫路城って立派なんだなぁ?」と
、つくづく感じることが多くなりました。偉容、美しさとも申し分ない、と思い
ます。世界遺産になる前に、すでに国宝でしたしね。

 これだけ近くに住んでいながら、天守閣に登ったのは一度だけですが、結構足
腰の鍛錬になりそうな高さでした。

 今ではCGを使うかも知れませんが、時代劇では将軍様がいらっしゃる「江戸
城」はたいてい姫路城が使われてますね。

 残念ながら、平成21年10月から天守の改修工事に入っています。この城、
構造上、世界的にも優れているそうで、耐震性も高いと言われています。かつて
訪れたポルトガル人宣教師を驚かせたという記録も残っているそうです。





大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルに登場
本の紹介 「関西変身どころ」 | 国際通信社

国際通信社 月刊 国は関係なく

レストランなどで外国の人が日本食を食べている姿は、私たち日本人の中にあっても自然な光景として溶け込んでいるように思います。ホント、ウチの子よりも上手にお箸を使っているのを見かけると、いかんいかんウチもしっかり教育せねばと焦るぐらいです。以前は外国人は天ぷらは食べれても刺身は無理だろうと言われていたけれど、寿司屋でもどこでも、生の魚を美味しそうに食べてますよね。
国際ジャーナルに「日本が誇る食文化“寿司”── その技術を学ぶ留学生が急増中」というコラムが載っているのを見て、食べるだけでなく作ることにも興味を持ってくれているんだなあと、ちょっとビックリでも嬉しいなと思いました。寿司なんてネタとシャリがあれば簡単に作れるものだと思っている人がいるかもしれませんが(そもそも人間が握ってない寿司が出回ってるし・・)、それはとんでもない話で、寿司には奥深い職人技が光っているのです。我が家もダンナが握り寿司を作ってくれることがありますが、毎回味が変わってしまいますよ。素人が手を出すにはハードルが高いんだから!まあ 日本人だからって一般人でも寿司が握れるかというと全くそうではないのです。フランス人が全員バゲットを上手に焼けないのと同じです。ぜひしっかり習って、母国に帰ったら技を披露してあげて欲しいですね。



国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際・報道通信社のつぶやき
現代画報社「ゆるキャラ」は日本経済の救世主になり得るか?
フリーエリア
プロフィール

2oo9

Author:2oo9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。