スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 月刊 不自由でもいい

レーシック手術なんて他人事だと思っていたのですが、最近になって知り合いやママ友が手術を受けたという話をチラホラ聞きます。随分一般的な手術になってきたのかなあと内心ちょっと驚いてます。きっとまだまだ費用がかかるだろうに。私なんかは恐がりなので、レーザもしくはカンナのような機械で、角膜の表面をごく薄くスライスして内部の角膜をレーザーで少し削り取る手術・・なんてちょっと想像しただけでもうダメです。。
ただ言葉の与える印象だけでなく、レーシックにはデメリットが多いことが分かっています。まず、視力がj完全には回復しないこと。眼鏡やコンタクトレンズで矯正していた人がレーシック手術でいきなり2.0見えるようになったりしません。視力が落ちる可能性もありますし、角膜の知覚神経を削るのでドライアイになり易く、角膜が薄くなることで眼球の強度が落ち、強い打撲などで眼球が破裂することもあります。そんなマイナス要素がありながらも、レーシック手術を熱望する人はどんどん増えているんだとか。
報道ニッポンでもレーシック手術の記事が出てましたけど、まだまだ歴史の浅いこの技術、銀座の眼科が感染性角膜炎の集団感染を引き起こしていた不祥事もありましたし、実績があって信頼できる医者を探さないと「気軽に」はなかなか踏み切れないような気がします。
裸眼になるために勇気を振り絞るか、ちょっと不自由だけど今の生活を選ぶかと聞かれたら、迷わず後者です。もっとリスクの少ない方法が開発されたら気が変わるかもしれませんけどね?。恐がりにはレーシックは無理(笑)





国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道ニッポンで取材されました
opem-press.org | 報道ニッポン | 報道通信社
スポンサーサイト

国際通信社 月刊 手品用に硬貨加工、有罪確定

裁判長の意味不明の論理。「適用された法律は手品を演じる自由を規制するものではなく、主張は前提を欠く」と、表現している。結論は、勝手に手品用に加工した硬貨は使ってはいけないといっているから、むしろ、使ってはいけない理由をストレートに言うべきではないのか? これが裁判なのであろうか。回りくどい表現に思える。庶民の娯楽にまで、ケチをつけるような度量の小ささに聊か驚くが、法律を厳密に運用するとこうなると言うことか。一種の交通の違反のように思える。車の通行量のほとんど無いような場所も駐車違反区域で、かつたまたまパトロール中であれば違反切符を切られる程度の罰に見えるのだが、この被告の人は運が悪かったのか、それとも天下の大罪なのだろうか? 硬貨の加工枚数は、数枚でなく、数千枚の単位であったのか、記事には書かれていないので不明である。
---以下、スポーツ報知引用要約
集めた硬貨を台湾に送り、現地で手品用に加工し輸入しようとしたとして貨幣損傷等取締法違反(損傷目的収集)などの罪に問われた元マジックショップ店長長野賢被告(33)の上告に対し、最高裁第1小法廷(甲斐中辰夫裁判長)は10日までに、棄却する決定をした。懲役6月、執行猶予3年とした一、二審判決が確定する。被告側は「手品を演じるという表現の自由への不当な制約で違憲」などと無罪を主張していたが、決定は「適用された法律は手品を演じる自由を規制するものではなく、主張は前提を欠く」と指摘した。





21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
経済情報誌 報道ニッポン 2008年10月号のご案内 | 報道通信社
oscar.coresv.com

国際通信社 若者の雇用確保をどのように考えるべきか?



最近、若い人の雇用問題について気になっているとこ ろですが、この前、日本
学術会議というところでは、就職難対策として、大学卒業後も数年間は新卒扱い
するよう企業に求める提言を文部科学省に 提出したという報道を目にしまし
た。これからの若者に対する雇用確保については、国際ジャーナルでも取り上げ
るべきテーマではないかと考えて います。実際のところ、多くの企業では、定
期入社を新卒者から採用しているというのが現状です。ですから、卒業までに内
定を得られない場合、 正社員になる道は急に狭くなると言えます。そのため、
若者は不安定雇用から抜け出せなくなっていくという現実があります。これはど
うすればい いのでしょうか。せっかく大学まで学んだ人材を無駄にして、日本
にとっていいはずがないのではないかと思います。そんな危機感が、政府関係機
関においても読み取れるのではないかと思います。不況の時には、雇用創出政策
は政府が負うにしても、企業にとってもこの提言を重く受け止めて もらいたい
と思います。提言は国と大学に対しても、それぞれの課題を示していると言えま
す。日本全体として、これからの若者に対する雇用確保 問題を考えていく必要
があるのではないかと思います。




国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
評判の取材先に行く国際ジャーナル
国際ジャーナル インターネットクチコミは詐欺?クチコミの判断法

国際通信社 ヨーロッパに寒波!

毎年のことながら、冬になるとヨーロッパの方は寒そうで、観光客の人にとってはロマンチックかもしれないけれど、大変そうだなあなんて思ってしまいませんか?今月もすでに、北アイルランドからブルガリアまで、ヨーロッパの広い範囲が強い寒波に見舞われてしまっているのだとか。寒波と聞いても、関東地方から下に住んでいる日本人にとっては、今いちピンときませんが、吹雪や雪のせいで空港が閉鎖されると聞くと、うーん、大変そうというのは想像付きますよね?。せっかくのクリスマスを家族と過ごそうとしている人にとっても、ちょっと可哀想。クリスマスは、クリスチャンの人たちにとっては日本のお正月みたいなものでしょうから、家族団らんで過ごしたいですもんね。ちなみに12月18日には、ロンドンのヒースロー空港、ガトウィック空港の両方がで全滑走路が閉鎖されたそうで、ブリティッシュ・エアウェイズの国内、ヨーロッパ便などがすべてキャンセルされたそうです。イギリスへ旅行を計画されていた方や、イギリス留学中で日本に里帰りを考えていられた方にも影響しちゃいそうですね?。また、寒波のせいでアムステルダム、ジュネーブ、ミュンヘン、パリ、コペンハーゲンなどでも飛行機の遅れや欠航が相次いでいるそうで、12月17日にはオランダのアムステルダムのスキポール空港でなんと250便が欠航し、乗客なんと数千人が立ち往生となったそう。ドイツのフランクフルト空港でも12月18日に、約240便が欠航となったそうです。ま、飛行機は命がけですから、用心して結構で立ち往生になる方がよいのかも。

21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
sportsnews.geo.jp
経済情報誌 報道ニッポン 2008年12月号のご案内 | 報道通信社

国際通信社 評判の靴屋になるかも?


私を含め、足のタコやら魚の目やらに
悩まされ続けている人は多いと思います。
私の場合、きっと長年の立ち仕事がたたって
両足の足裏に8個も魚の目があるのです。
夜ともなれば、それはもう痛くて、
家に帰ると、足を引きずって歩いています。
とほほ。

以前病院に行き、切り取ってもらったのですが、
その処置が、麻酔なしでぐりぐりえぐり取られた為
激痛で靴も履けずに帰ってきたのに、
一週間もしない内に、また魚の目が増幅してきたんです。
これでは自分で処置するのと何も変わりません。
それ以来、病院へは行っていません。

で、色々な靴やら、中敷やらためしましたが、
効果は持続しないんです。

クッションが欲しい!といつも思っていましたが、
この度、某スーパーで独自開発したふわふわ中敷が
発売されるとの事。
EVA(エチレン酢酸ビニール共重合樹脂なる物)と
ウレタンスポンジを重ねてマシュマロのようにふわふわした
中敷、らしいです。

同じような悩みを持つ人達の声で開発したらしいので、
期待大です。
これでお値段も手頃だったら、クチコミで評判になるかも
しれませんね。




報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
lua.weblog.am
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年2月号のご案内 | 現代画報社

国際通信社 表裏一体がヨガの思想

先日読んだ国際ジャーナルには、ヨガの記事がでていましたので、ちょっとヨガにつ
いて興味を持っているところです。よく、ヨガっていう言葉は聞きますけど、い
つ頃から始まっているのでしょうか。ヨガの起源ですが、4千年から5千年前の
インド、インダス文明で生まれたというのが、一般的な定説となっているそうで
す。ヨガの目的はなんでしょうか。まずは体の調節です。体の調節のために行う
ヨガは、ハタヨガと呼ばれています。その他にどのようなヨガがあるのでしょう
か。ヨガには、瞑想によって、心のコントロールを目的とするヨガもあるそうで
す。これは、ラジャヨガと呼ばれています。単に体を整えるだけではなく、心や
精神を整えるのが、ヨガの特長ではないかと思います。ハタヨガは現在主流と
なっていますが、ハは太陽、タは月を意味するそうです。つまり、相反するもの
が表裏一体であることを意味していると考えられますね。ここから、体と精神の
バランスがとれた状態を、健康と考える思想が感じられます。相反するものが対
立するのではなく、お互いの存在を認めながら調和していくという、まさに東洋
の思想を表すのが、ヨガの本質なのかもしれません。これは興味深いですね。






「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
経済情報誌 報道ニッポン 2008年12月号のご案内 | 報道通信社
tigers.ebb.jp

国際通信社 わこうど

現代画報に「CROWD AUTO」という会社さんの記事が掲載
されていました。新車・中古車販売、車検、鈑金、塗装、修理
、買取など、自動車に関するあらゆるサービスを提供している
会社で岐阜県にあるそうです。自動車業界のことはよくわかり
ませんが記事の中には社長さんの写真が載っているんですが、
とにかく若い!26歳なんですって。しかも、弱冠20歳で会
社を立ち上げたということで、まさに弱冠という言葉がぴった
りの年齢です。すごい!まあ、法律的には可能なことなのかも
しれませんが、なかなかやろうと思ってできることではありま
せんよね。
 職業に歳相応もないのかもしれませんが、最近、こんな歳で
もう!と思ったことがもう1つあります。歴史的な結果に日本
中が沸いた衆議院選挙ですよ。若い候補者の人で28歳で当選
された方がいましたよね。しかも、1人ではないはず。28歳
で政治家ですよ、しかも国会議員ですよ!ちなみに軽くインタ
ーネットでWIKIってみると、過去には25歳で選出された議員
さんもいるみたいですよ。(もしかして結構有名な話で、私が
世間知らずに思われているかもしれませんね。)
 若くてもしっかりしてれば国は任せられるし、会社経営もう
まくいく。まあ、その人のポテンシャルということになるので
しょうか。若造のくせに!というやっかみも吹き飛ばして、若
い人にはがんばってもらいたいと思います。



現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際進のジャーナル
経済情報誌 報道ニッポン 2009年6月号のご案内

国際通信社 シニア携帯


今の世の中、誰しもが持っているといわれている「携帯電話」。今の携帯電話というのは、
電話だけでなく、メール、テレビ番組まで見れたりゲームができたりと様々な機能が付いている
のが当たり前のようになっているように私は思います。
そして、当然のように携帯電話を持っている学生も多いようです。「携帯電話禁止令」というよ
うなものが提案されるほどです。親としては「子供に緊急事態が起きたときに必要だと思う」との
考えから子供にも携帯電話を持たせているようです。

そんな中、「シニア携帯」も人気を高めているようです。
若者向けの携帯電話の高機能化が加速する中、通話など基本機能に絞り込むことで携帯電話に
不慣れな高齢者でも簡単に使える商品ということが人気なのだそうです。
ボタンの押しやすさ、見やすい大きな文字など評価されているとのことです。
「シニア携帯」といっても、利用者からの「画面をもっと大きくしてほしい」「デザインも重視
してほしい」などの声を新製品に次々と反映させた結果、評判が高まっていったそうです。

親が子供に「心配だから」という理由で携帯電話を持たせるように、自分の親にも「心配だから」
という理由で携帯電話を持ってもらおうという考えの人もいるのではないでしょうか。

身内に頼らず、独りで生活をされている高齢者もいらっしゃるように思います。
雑誌「現代画報」でも「高齢者」をテーマにした特集が紹介されていたように記憶しています。

「まだまだ元気だから」という理由で身内を頼らない元気な高齢者も多いかと思いますが、買い物
へ行ったり、病院へ行ったりする途中でやはり何があるかわかりません。そういったときに、便利
な「携帯電話」を持っていると役に立つことがあるかもしれません。
また、お孫さんとメールのやりとりをするのが楽しみ・・・という方もいらっしゃるでしょう。
「メール」を作成する行動は指を使うわけですが、人間は指を使うことが実は脳にもいいそうなの
です。
いつまでも若々しいおじいちゃん、おばあちゃんでいてもらいたいものですね。



報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社・報道ニッポンで知るチーム・マイナス6%
国際ジャーナルを手にして

国際通信社 電子マネー

日本三景の松島を代表する観光名所の瑞巌寺において、
拝観料が東日本旅客鉄道の電子マネー「スイカ」で支払えるそうです

それまでは拝観券を自販機で買う必要がありましたが、

電子マネーなら受付の端末にかざすだけでスムーズに入ることができます。


寺社で初めて電子マネーを導入したのは2007年の安倍文殊院(奈良県桜井市)で、


お賽銭以外はすべて電子マネーで支払うことが可能だそうです。

同寺院ないの全決済額に占める電子マネーの比率は5%程度で、

コンビニの全国平均利用率(約6%)に迫る勢いです。


これらの寺社を含め、電子マネーが使える場所は今年7月末時点で

のべ38万箇所程度に上り、ますます増加傾向ではありますが、

電子マネー総決済額の7割をコンビニとスーパーが占めているとのことで、

利用シーンの多様化はこれからです。


今は年間市場規模1兆円を越える電子マネー。

今後さらに急速な広がりを見せることでしょう。

国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
続 国際通信社のブログ旅
報道ニッポン コミュニケーション能力を養う/報道通信社

国際通信社 秋の味覚を存分に楽しむ

現代画報社の現代画報にも色々とおいしそうな食の話題が載っていますが、
秋になるとやはり楽しみなのは、旬の味覚ではないでしょうか。今年はいわしがかなりお安くなっ
ているそうです。いつもより水揚げ量も多いので、この秋はおいしいいわしが安
く手に入るのではないでしょうか。ここまで安くなっているのであれば、
庶民にも手が届きそうですね。そのほか、中国からの輸入品に
ついても好調のようです。一時は安全性についての不信感から
売上が落込んだこともありましたが、その辺も解決されてきているのでしょう
か。何かと不景気な話題の多い今日この頃ですが、
このようなニュースは大歓迎ですね。今年は、特に財布を気にせずに、
秋の味覚を存分に楽しめるのではないでしょうか。
この秋は、美味しいものを食べて、是非とも明日への活力をつけたいところです。






「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道ニッポンとの出会い
現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト

国際通信社 萩本欽一さんの勇退試合

野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」の監督でタレントの萩本欽一さんの
勇退試合が12月12日に、神奈川県平塚市の平塚球場で行われました。
この様子は、テレビや新聞でも取り上げられていたように思います。

勇退試合には、1万2000人もの人が詰めかけたそうです。
萩本欽一さんといえば、「欽ちゃん」の愛称で多くの人に慕われているかと
思います。ですから、それだけの人が集まったのでしょう。私はそう思います。

そしてレッドソックスで活躍中の松坂大輔選手が友人らとつくる野球チーム
「サムライ」と対戦したのです。
欽ちゃんは、選手のプレーを冗談交じりに解説するおなじみのマイクパフォーマンス
を披露しました。
いつ聞いても、やはり面白いですし楽しい気分になりますね。

試合は、ゴールデンゴールズが15対12で勝利しました。
仲間から胴上げされた萩本欽一さんは「多くの人に支えられて120パーセント
楽しめた」と笑顔で球場を後にしたそうです。

あるテレビ番組のスポーツコーナーを見ていると、笑顔で勇退試合を進めている
欽ちゃんの姿が映っていました。
涙が似合わないキャラクターなのでしょうか。
今後の欽ちゃんの活動を心から期待しています。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報 | 現代画報社 | クリックジャックという名の詐欺
現代画報の取材で・・

国際ジャーナル 現代画報 メタボリックシンドローム改善で長生き!

2009年9月号の国際ジャーナルには、「メタボリックシンドロームは病気ではない!?
──健康に長生きするための秘訣とは」という興味深い内容の記事が紹介されていました。メタボリックシンドロームという言葉は、現代を生きる人であればみな一度は耳にしたことがあり、最近では「メタボ気味で。。。」なんて笑いながらウォーキングをする方も増えていますよね。メタボリックシンドロームは、現代病である糖尿病や高血圧など、初めは軽い症状でもそのあとに重大な病気に発展するリスクを3個以上抱えている方を指すのだそうですが、やはり1個でも当てはまればメタボリックシンドロームを心配したほうがよいですよね。メタボリックシンドロームは、また病気まで進んでいない寸前の状態の場合が多いようなので、メタボリックシンドロームだとお医者様に言われてしまった方は、そこからどれだけ健康的な生活に改善できるかということに取り組んでいけば、メタボリックシンドロームも決してイコール死ということにはならないですよね!メタボリックシンドロームの診断が下ったら、まずはドロドロの血を改善する食生活に改善したり、運動など、日常生活をちょっとずつ変えていく必要があります。このちょっとした心がけも、実は長生きするための秘訣なのかもしれませんよね。

国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルと私
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年5月号のご案内

国際ジャーナル 現代画報 リンジー、また薬物使用

リンジー・ローハンさんといえば、日本でも若い女子に注目されているファッションリーダー的セレブでもありますよね。そんなリンジー・ローハンさんのニュースです。え?!リンジーのニュースと言えば、刑務所から短期間で出所して、リハビリ施設からも早く復帰したリンジーの話し?と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、そのあとのリンジーさんの話です!なんでも、リンジーさんは、裁判所から言い渡されている不適で行う薬物検査で、陽性反応が出てしまったそうですよ。自分で言っているので、間違いはなさそうですね。一応ツイッターでは、「薬物検査に引っ掛かったので、裁判官から呼び出されたら出廷する、薬物乱用は病気で一晩では治らないけど、頑張る」とファンに向けて語られているのだとか。。。うーん、いいわけじゃないの?!現在執行猶予中のリンジー、もし何かあれば刑務所に戻ることも十分にありうるのだとか。先月は裁判官はリンジーに対して、週に何回か薬物とアルコールの検査を受けて、あとは薬物とアルコールのカウンセリングと心理療法を行うようにと言い渡し、その結果を踏まえて11月から監視なしの執行猶予になる予定だったそうですが、これじゃあ無理でしょうね。

現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
nippon-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
現代画報を見つけて

国際ジャーナル 現代画報 PB品による究極の価格戦争

景気の方も最悪な状態は脱した感もありますが、実際のところはどうなんでしょ
うか。まだまだ予断を許さない状況であるのかもしれません。そのような経済状
況において、大手の小売業者などによる、安い商品が話題となっている様です。
例えばイオンによる29円の缶飲料にはびっくりしました。いわゆるPB品では
数々の安い商品を投入してきたイオンですが、さすがにこの価格は驚きです。こ
れで利益がとれるのかと考えてしまいます。ところが、この商品に対して、ディ
スカウントストアの大手であるトライアルカンパニーは、1本25円の価格に値
下げをしてきました。ここまでくると究極の価格戦争といえるのではないでしょ
うか。PB商品については、ある意味「目玉商品」という事で、話題先行となり
がちですが、やはり需要も大きいと言えます。そのため、これからもPB品によ
る安売り合戦は続くのではないかと予想されます。買う方にとっては、安ければ
安いほどうれしいものですが、生産者や流通業者にとっては、ぎりぎりまでコス
トを減らしていかないと、原価割れしていまいますから、本当に大変な事だと思
います。いずれにしても、一度どんな味がするのか飲んでみたい気もしますね。






大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年6月号のご案内
じゃーなるの国際ブログ

国際ジャーナル 現代画報 この政権が目指す戦略について



前の政権では、普天間問題などの重要課題に対して、 閣内の統一感がなかった
と思います。そのことが、内閣の足並みの乱れとなり、民主党の支持率低下につ
ながったのではないでしょうか。この点に ついて、新しい政権はどのように考
えているのでしょうか。反省をきちんとして、党と内閣で理念や問題意識を共有
することは重要だと思います。 国際ジャーナルでも、これからの政権の問題点
については、深く分析を行って欲しいところです。地方分権など、これから具体
的な政策展開につな げてほしいテーマはたくさんあります。新しい政権は期待
を背負っていると思います。政治主導を推進していく体制をどうつくりあげるか
に、その 成否がかかっているのではないでしょうか。菅首相ですが、玄葉光一
郎政調会長を国家戦略担当相と兼務させています。これにはどのような狙いが
あるのでしょうか。国家戦略室を「局」へ格上げしていますから、重要政策の企
画立案と省庁間の調整を担う中心的な組織とする考えではないかと 報道されて
います。これからは中長期の視点に立った政策実現のためにも、総合調整機能を
果たす組織が欠かせないのではないかと思います。菅首 相の舵取りに期待した
いところですね。





国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
報道ニッポンの飛躍
現代プレス・国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報

国際ジャーナル 現代画報 エコ包装

街を歩いていると、今はクリスマス一色。スーパーやイベント会場では大きなクリスマスツリーが
展示されて、歩く人たちの目を楽しませているように思います。

化粧品では「クリスマスセット」という名前で様々な商品をバッグやポーチをつけて販売したり、
服では「クリスマス価格」という形で服の値段を安く販売したりと、見ているだけでも楽しい時期
です。

ある百貨店では、今年からクリスマスギフトの「ノーラッピング」に踏み切ったそうです。この
百貨店は全国20店舗あるようですが、20店舗の婦人用品売り場、クリスマスショップなどで25日
まで、商品を包装せずに紙袋に入れ、再生紙で作った約10センチのクマのオーナメントをつける
だけの「エコ包装」に取り組んでいるそうです。
昨年、2店舗で環境省のモデル事業としてテスト実施したところ、百貨店側の予想を超えて希望する
人が多く、「すぐ不要になる包装紙がもったいないと思っていた」など大半が肯定的な反応だった
ようなのです。
この百貨店担当者は「百貨店の利用客は、高級感あふれるクリスマス包装を好むものと思い込んで
いただけに、正直びっくりした。選択肢を用意する大切さも教えられた」と、従来通りの包装か、
エコ包装かを購入客が選べるようにしたそうです。

「開けやすいし、ゴミが増えないのがいい」と、子供向けのプレゼントを買い求める人の多くが
エコ包装を希望するそうです。クマのオーナメントが子供向けにはぴったりのようです。

子供を持つ親たちは、子供の意見を聞きつつもクリスマスプレゼントは何にしてあげようか・・・と
考えておられるのではないでしょうか。中には驚くほど高価なものが欲しい・・・と話している
子供もいることでしょう。クリスマス当日、プレゼントを見て喜んでいる子供の顔を見るのが
楽しみですね。




国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
needle.coresv.net
bis-press.net|国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報

国際ジャーナル 現代画報 頑張れ!斎藤投手

日本ハムのドラフト1位、斎藤佑樹投手が12月9日に札幌ドームで入団会見を
行いました。この様子はテレビの情報番組でも生放送されていました。
多くの人がドームに集まり、斎藤投手の会見の様子を見届けたのです。

斎藤投手は「開幕一軍を目指して頑張りたい」と抱負を語りました。
学ラン姿で登場した斎藤投手は、会見後に背番号18のユニホーム姿を初披露
しました。その際にも大きな歓声があがりました。

会見の際に「北海道のファンのみなさん、こんにちは」と言うと、観客からも
「こんにちは」の挨拶が。斎藤投手の表情は緊張した面持ちでした。
目標を聞かれると「数字で何勝とか言える立場ではないが、開幕一軍を目指して
頑張りたい」と話したのです。

この日、日本ハムと正式契約を結び、日本ハムのほかの新人5選手は11月に
すでに入団会見を済ませているために、今回は単独会見となったのです。
ですが、ドームで記者会見というのは本当に多くの人から期待されているのですね。
また日本ハムのファンではない・・・という人からも注目されているのではない
でしょうか。
私自身は野球にあまり興味がないのですが、斎藤投手に関しては今後どのような
活躍をするのか・・・と気になっています。
これだけの大きな期待や声援を受け、プレッシャーもあるかもしれませんが、
プレッシャーに押しつぶされることなく、プロとして頑張ってほしいですね。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルに出現
ROD

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 介護ロボット

今の日本、100歳以上の人が4万人を超え、「超高齢時代」を迎えるともいわれています。

また、介護をする人、される人も増えてきているのではないかと思います。
以前、雑誌「現代画報」でも「介護」に関する記事が紹介されていたように思います。


「介護をする」と言葉で聞くよりもかなり大変なことだと聞いたことがあります。体力、精神、とも
につらい状態になるとも聞いたことがあります。
同時に、今の日本では人に役立つ様々な物が次々と開発されています。
その中で介護の負担を軽くし、高齢者の自立を支える自由な発想の「介護ロボット」が次々と開発
されているそうです。

まず、車椅子がベッドに変身するものがあるそうです。これは、ベッドと車椅子が一体化したものだ
そうです。開発者は「ベッドから車椅子に移る際の安全性を加え、室内でスペースをとらないように
工夫した」と特徴を話しています。写真を見ると、ベッドの横に車椅子がついている状態でしょうか。

そして、未来型の移動用乗り物も開発されたそうです。特徴は、胸、ひざ、お尻に体重を分散して
乗り込む点なのだそうです。車椅子は、背中や腰に負担がかかりますが、この乗り物は前かがみに
座った椅子のほか、体重は各所にかかるようになっているそうです。「車椅子に抱っこされる形か
らおんぶされる形」へと発想を転換したとのことです。この乗り物を開発した開発センターの教授
は「介護者の負担を減らしたい。医療現場でも使えるロボットの開発を目指したい」と話していた
そうです。

今は、介護する側が少しでもゆとりが持てるようヘルパーやデイサービスの利用など、人の協力を
得ている状況かと思いますが、将来、介護する側がゆとりができるように「ロボットを利用する」
という世の中になるかもしれませんね。




現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社 取材
point.xrea.cc

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル お風呂の便利グッズ!

寒い冬は、家に帰る時の楽しみの一つが暖かいオフロではないでしょうか?そんなお風呂の便利グッズを発見しました!それが、「風呂ッピー」というもの。なんでも、お風呂のお湯を張る時にお湯をいれているのをうっかり忘れるのを予防してくれるというもの。お風呂の水位と温度を教えてくれるセンサーを搭載した便利グッズなのだそうです。使い方は、とっても簡単!例えば、お風呂に入る適温を知らせてほしい場合には、「温度」に合わせると、適温になると教えてくれるので、沸かしすぎて熱くなってしまったお風呂のお湯を水でうめるのを予防できます。もちろん、水位というところに合わせれば、センサー部分を好みの水位に合わせてバスタブの内側に置けば、お湯がたまるとブザーが鳴って、教えてくれます。お風呂のお湯張りを忘れてしまって、お湯がなみなみと外にあふれ出ている「もったいない!」思いも、追い焚きを押したのを忘れて、熱くなりすぎたお風呂を水でうめるのにも、これでさようならできますね!お値段は4000円弱で、東急ハンズで購入可能だそうです。水道代や電気代も節約できるため、長い目で見ればそこまで高い買い物ではないと言えそうですね!うちも買ってみよう!

現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
point.xrea.cc
月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年10月号のご案内 | 現代画報社

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 赤ちゃんのお肌に注意信号!

寒い季節になると、ついつい床暖房や電気カーペットなどで部屋を十分暖かくしたくなってしまいますが、これが赤ちゃんの肌を乾燥させてしまうのに拍車をかけてしまうようです!赤ちゃんがいるご家庭では加湿器などで、乾燥対策をとりましょう。ただし、加湿器の掃除はこまめにしないと、細菌を撒き散らしてしまうそう。面倒くさがらずに、掃除しましょうね!新米のパパさんママさんが注意したいのが、赤ちゃんのお肌の洗いすぎなのだそうですよ。冬は肌が乾燥しがちなので、赤ちゃんのお肌にとっても保湿が大事なのだとか。一日1回石鹸で体を洗うのはOKなのですが、石鹸の洗い残しがないようにすること、それから洗いすぎると皮膚が脂が抜けてしまってカサカサになってしまうようなので、タオルで押さえるように拭いてあげた後は保湿剤をつけてあげるとよいようです。赤ちゃんのお肌の乾燥がひどい時は、脂分の多いワセリンで、乾燥がひどくなければ普通のベビーローションなどで大丈夫なのだそうですよ。また、もちろん無香料・無着色が安心だそうです。とりあえず、赤ちゃんのママさんパパさんは、赤ちゃんのお肌がカサカサしてきたらお医者さんで診てもらうと安心ですよね。また、寒さが本格化するここ2カ月くらいは、外出先から帰ってきたら手や足、耳などしもやけになりそうなところをマッサージしてあげるのもよいそうです。

「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
sportsnews.geo.jp
経済情報誌 報道ニッポン 2008年12月号のご案内 | 報道通信社

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 寿司職人を目指して日本で修行

海外から「SUSHI」と呼ばれて世界中で好まれている代表的な日本の料理「寿司」。
この寿司の修行のために日本へやってくる外国人が急増しているのだそうです。

東京にある「東京すしアカデミー」というところは、2002年に設立された日本で
唯一の寿司職人養成スクールだそうです。通常、養成に5年以上かかるといわれるすし
職人を、独自のカリキュラムによって短期間で効率的に育てているのだそうです。
1年制の寿司シェフコースというものもあるそうですが、外国人に人気なのは
観光ビザで通える短期集中の江戸前寿司ディプロマコースだそうです。

寿司の修行で、なぜわざわざ日本までやってくるのでしょう。
それは日本で寿司の技術を身につければキャリアアップができるからなのだそうです。
ヨーロッパでは、寿司職人の給料は高く、東京の職人の倍くらいの金額があるそうです。
投資額を回収できる見込みが十分にあるというのです。

ただ「食べておいしい」と感じるだけではなく、「自分で寿司を握ってみたい」と思う人
が増えているというのが非常に驚きました。
外国人では寿司職人が増えているかもしれませんが、日本人の職人はどうなのでしょう。
これについては新聞記事にも載っていなかったのですが・・・。
相撲界でも日本人よりも外国人力士が目立っているように思います。
日本を代表するものであれば、ぜひ日本人も活躍していただきたいと思うのですが・・・。
ただ、日本を代表するものが注目を浴びるというのは素晴らしいことだと思います。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
realestate.ebb.jp
経済情報誌 報道ニッポン 2009年2月号のご案内 | 報道通信社

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 龍馬伝最終回に苦情殺到

とうとう最終回を迎えた、NHK総合で放送されていた大河ドラマ、「龍馬伝」。10月28日の最終回をご覧になった方は、ドラマの主人公、坂本龍馬が暗殺されるシーンで、呆然となってしまったのではないでしょうか?というのも、坂本龍馬が暗殺される物語のクライマックスのシーンの際、愛媛県知事選の当確を伝えるニュース速報のテロップが流れてしまったからです!もちろん、NHKにはなんと苦情の電話が約1時間に200件ほどかかっていたそうですよ。NHKの広報部によれば、県知事選のテロップが被さってしまった暗殺シーンは午後8時55分ごろくらいだったそうで、視聴者からの苦情の電話は午後10時まで鳴り続けたとか。苦情の内容は、表情が見たかったのに、龍馬にテロップがかかってしまった、楽しみにしていたのに興ざめした、きれいな映像で録画したいので再放送の予定を知りたいなどだそう。龍馬伝の視聴率は、ビデオリサーチの調べによれば、関東、関西地区ともに21・3%だったそうで、龍馬伝全48回の平均視聴率は、関東地区が18・7%、関西地区が19・5%だったのだとか。最終回の福山さんの顔に、テロップがかかってしまうのはいただけないですよね?。

「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルを見つけて
現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 日中首脳会談のもたらした影響とは?

尖閣諸島での漁船衝突事件以来、中国との外交関係に 対する菅直人首相の対応
が注目されています。横浜で行われたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首
脳会議においては、中国の胡錦濤国家主席 との首脳会談も実現しています。尖
閣諸島沖の漁船衝突事件を中心として、今後の日中関係を考える上でも、重要な
日中首脳の正式会談となってい ると感じます。今後の日中関係はどうなるので
しょうか。国際ジャーナルでも、その点についてはどのような分析を行っている
のでしょうか。ぜひ とも特集などを組んで欲しいところです。菅首相として
は、国際会議の場を利用して温家宝首相と2度にわたり短時間会談を行っていま
す。その成 果はどうだったのでしょうか。今回の会談で尖閣諸島の領有権につ
いて両首脳の主張は平行線だったと報道されています。日本と中国の戦略的互恵
関係を長期的に安定した形で発展させることが両国民の利益になるとの認識は再
確認されています。漁船衝突事件以後、日本政府の対応は国民から 見ても評価
できる内容ではないと感じます。これからの日中関係だけではなく、政府全体と
して外交をどのように進めていくのか、その点が重要で す。今後も注目したい
テーマです。





現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルとの巡り合い
ベンチャージャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル ウインドウズを高速化するベンチャー企業のソフトとは?

インターネットやパソコンの動向については、アメリ カを中心としてスピード
感がありますが、ベンチャー企業の動向についても大きな影響があります。最近
聞いたニュースですが、アメリカにおける ベンチャー企業とマイクロソフトの
連携についての報道に興味があります。これはスプラッシュトップというアメリ
カのベンチャー企業が、マイク ロソフトのOSに高速起動できる仕組みを組み
込んだというものです。これによってどのような影響があるのでしょうか。この
ソフトによって、今 まで起動が遅いと言われていた、マイクロソフトのウイン
ドウズの立ち上がり速度が、改善されるそうです。そうなると一般のパソコン
ユーザーに とっても恩恵がありそうです。このようなベンチャーと大手のコラ
ボレーションについては、国際ジャーナルでも同じ様な事例を紹介してほしいと
思います。この高速起動ソフトはビングという名前です。このソフトの利用者
は、スプラッシュ社のサイトで新OSを無料で取り込んで使う事にな りそうで
す。その後、パソコンの電源ボタンを押して数秒で起動することができますか
ら、これは楽しみなソフトではないかと思います。実際に 使ってみて、その効
果を試してみたいと思います。





国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルの取材で・・
報道通信社|報道ニッポン

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 大晦日の特別番組

多くの子供たちに愛されているアニメのひとつに「ドラえもん」があると思います。
今、子供を育てている・・・という親御さんでも自分が子供の頃に見ていた・・・
という人も多いのではないでしょうか。

いよいよ12月に入り、年末年始に関する話題がテレビや新聞でも取り上げられて
いますが、毎年大晦日恒例の特番として親しまれていたのが、ドラえもんの番組だ
と思います。
が、11月30日にテレビ局側が、新春1月3日に移動して放送するということを
発表したようなのです。
現在、大晦日には、アニメ以外の番組を放送する準備を進めているそうです。
どのような番組が放送されるのかは発表されていないようですが、各局の特番に対抗
するべく、協力なコンテンツを検討中だということです。

大晦日に放送されている「ドラえもんスペシャル」は、1988年より放送されている
そうです。長年、恒例番組となっていました。
子供と一緒に親も楽しんで見ていた・・・という人もいらっしゃるのではないかと
思います。
ただ、テレビ局の話によると「ドラえもん」の特番が終了するわけではなく、あくまで
年始に移動して、視聴者への「お年玉」という意味合いが強いようです。

確かに大晦日は、各局様々な特番が用意されているように思います。
「どの番組を見ようか」「これは録画しておいて・・・」と考える人も多いと思います。
暗い1年だったように思う今年です。大晦日くらいは笑って過ごしたいものですね。
そして、来年は国全体が明るい年になるよう心から祈ります。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
tiara.happy.nu
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年1月号のご案内 | 現代画報社

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル チワワの桃ちゃん

警察犬になるために何度も試験に落ちながら、それでも目標に向かって頑張っている
様子をテレビ番組や映画でも取り上げられているのが「きな子」ちゃんという犬です。
実はきな子ちゃんだけではなく、もう一匹の犬も警察犬になる夢に向かって頑張っている
という様子があるテレビ番組で放送されていました。

それはチワワの「桃」ちゃんです。7歳の雌だそうです。
警察犬・・・と聞くと、大型犬を想像される人が多いと思います。
私も大型犬を想像します。・・・が、チワワという小型の犬が警察犬になるために
日々厳しい訓練を受けているというのですから驚きです。

そして、新聞にこのチワワの桃ちゃんの記事が乗っていました。
奈良県警の嘱託警察犬審査会で、桃ちゃんが見事合格したと県警が11月19日に
発表したということでした。

奈良県警によると、チワワが嘱託警察犬になるのは極めてまれで、来年1月から
災害現場などで活躍するそうです。

桃ちゃんは体重が3キロ。この数字を聞いただけで「かわいい」というイメージが
強いかと思いますが、審査会が出した課題をクリアしたそうなのです。
桃ちゃんが訓練士の指導を受け始めたのは6年前からだそうです。奈良県警は
「大型犬が入れない現場で活躍して」と期待しているそうです。
きな子ちゃんも今後は警察犬として活躍すると思いますが、桃ちゃんの活躍ぶりにも
注目したいですね。


経済情報誌 報道ニッポン 2009年4月号のご案内 | 報道通信社
飛躍!報道通信社の日記
フリーエリア
プロフィール

2oo9

Author:2oo9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。