スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル うどんとギョーザ

日本各地で、「ご当地グルメ」が話題になっていると思います。テレビでも特集されてい
たり、雑誌にも取り上げられているのではないでしょうか。
大阪府の話になりますが、大阪府高槻市でも、「粉もん」料理のひとつ「高槻うどんギョー

ザ」の人気が急上昇しているのだそうです。

市民による本格的なブランド展開からわずか2年で、府が地域の魅力を発信する「大阪ミュー
ジアム構想」に登録されるなど注目を集めているようです。

市民の有志でつくる「高槻うどんギョーザの会」の会長、61歳女性の話によると、高槻うどん
ギョーザの具に細かく刻んだうどんを混ぜてお好み焼き風に焼いたシンプルな料理だという
ことです。地元では安くて簡単に作れる上に「おいしい」と、30年以上前から一部地域の家庭
料理として食べられていた「B級グルメ」だったそうなのです。

この会長たちが「高槻に来た人にアピールできる名物にしよう」として、この料理に目をつけ
たのです。平成20年6月に会を立ち上げて普及活動を始めたそうですが、市内でも認知度は低か
ったようです。が、その後、日本女子サッカーリーグのイベントで料理を提供したことなどを
きっかけに、その味が口コミで広がり始め、今では市内イベントの定番に成長したのです。

「うどん」と「ギョーザ」。どちらも好物だという人は多いのではだと思います。
その2つが一緒になった食べ物は、非常に興味があります。私は大阪生まれの大阪育ちなので
すが、住まいが高槻市からかなり離れているために、全く知らない食べ物でした。
でも、名前を聞いただけで「絶対に食べたい」と強く思い、近々足を運んでみたいと思います。




現代画報 時計をあげる詐欺/現代画報社
怪しいものにきをつけろ!! okiの現代画報
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
スポンサーサイト

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 子どもの玩具

先日、ダンナが「こんな面白いフリーソフトがあるよ」と教えてもらったのがPhun(ファン)。スウェーデンの大学生、Emil Ernerfeldt氏が開発した物理演算ソフトです。物理演算ソフトな
んていうと硬いんですが、通常のお絵かきツールでは出来ない、描いたものが重力をもつフィールド内で自由に動かせる、新しいゲーム感覚ののお絵かきアニメソフトだと言えると思います。このソフトの面白いところは、重力やバランス、力点などの物理学の基本が遊びながら体感し学べる、要するに勉強しているという自覚無しでいつの間にか自己表現力や分析力、問題解決能力を養えるというところでしょう。難点は恐ろしく重い。ウチの環境ではメモリを増やさないと自由自在には動かせません。。まあ でもこんな風にパソコンを使うとどんどん子どもの玩具は高度になって行きますね。国際ジャーナル11月に「ネットで変わる脳?」というコラムが載っていますが、ネットも子どもの新しい玩具の一つだなあと思います。フィルターをかけたり、使い方をちゃんと教えないと危険ですが。それは外で遊ぶ時に気をつけなくちゃいけない絶対的なルールを教えるのと同じで、生まれた時からYouTubeを知っている子どもたちにはネットの恐さやそこから回避する方法、ルールを教え込まなくちゃいけないのだと思います。



現代画報の飛躍
報道ニッポン 食べ物は大切に 食品廃棄量削減を目指そう/報道通信社
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル IMFから消費税引き上げ要請

世界でも日本でも「不景気不景気」と騒がれ、ただでさえ日本国民の家計は圧迫され、頭を抱え込む人が増えている中、国際通貨基金(IMF)が日本に対して、「日本政府は11年度には財政再建を開始し、消費税を徐々に引き上げていく必要がある」と声明を発表したそうですよ?。「消費税を引き上げていく」というところで、またまた国民の大きなため息が聞こえてきそうな雰囲気ですよね。もちろん、IMFも意地悪で行っているわけではなくて、日本の財政が先進国の中でも最悪の状況に陥っていることを踏まえたうえで、国債発行の限度額などを盛り込んだ財政健全化に向けたルールづくりを日本に求めることにしたようです。IMFは、ギリシャの財政危機を念頭におき「国家財政への監視の目が厳しくなる中、信頼性のある財政再建策を早期に策定することが非常に重要」と指摘しているそうで、東京都内で今回の件の会見を開いたリプスキーIMF筆頭副専務理事は「財政の安定性が確保されることが消費者や企業に安心感を与え、成長につながる」と語り、消費税増税は景気回復を阻害しないと見ているそう。むむむ、どうでしょうねえ??消費税分くらいは、なんとかなるかな。

ますだの現代画報
報道ニッポンを発行する報道通信社の雑感

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 目指すもの

事業仕分け第三弾は不調に終わりましたね。というか、何をしたいのかがもう分からなくなっていたと、国民の目には映ったと言えます。だって、民主党内で情報伝達がめちゃくちゃだったのが露見してましたから。国際会議で事業の推進を公約した機関を廃止しろとかね。仕分け人からは「いや 聞いてないです。知らなかったので廃止は取りやめ」みたいなね。なめとんのかって感じですよ。国際ジャーナルに「スポーツ関連予算要求の縮減── 本質を見失う価値観の違い」という記事が載ってます。スポーツ関連
予算も事業仕分けの槍玉に上がっていて、これにはかなり賛否両論がありますね。本質を見失う、要するに蓮舫議員のスーパーコンの開発に対して「一番でなきゃだめですか?」というあまりに寒い発言が持つ価値観の温度差。この温度差をつめなければ、問題の本質が失われます。スポーツを軽視するのはその国の格を落とすことになると思うんですが。中国がアジア大会でえげつないメダルラッシュに走るのは、スポーツでのアジア制覇が国益を増加させるのと同じぐらいの価値を持っていることを熟知しているからです。スポーツは娯楽であり芸術であり経済であり。。これを象徴するのがオリンピックでしょう。このままでは日本はオリンピックで勝つことはできなくなります。日本がスポーツを通して目指すものは何なのか。今こそ考えるべきですよね。



国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際ジャーナルの投稿サイト
現代画報を見つけて
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル ギリシャ危機の今後の行方

近頃またニュースになっているのが、ユーロ危機の可能性についてです。
国際ジャーナルでは、今回のユーロ危機の件についてどのような論調を行うのでしょうか。
今回、ギリシャの信用問題が、金融市場全体に大きな影響を与えた背景には何が
あるのか気になるところですね。想像してみると、フランスやドイツなどの欧州
の大手銀行が関係しているのかもしれません。これは、多額の資金をギリシャの
金融機関に貸し付けていることが大きな原因になっていると思います。これが悪
影響を与える可能性もあります。今後についても、まったく目の離せない状況が
続いていくのではないかと懸念されます。もしギリシャの信用不安がさらに拡大
するとどうなるのでしょうか?例えば、欧州銀行の貸付について、これが不良債
権化することが予想されます。経済に対する大きな影響が懸念されます。ギリ
シャに対しての動きですが、国際通貨基金欧州連合の支援策によって、問題を防
ごうとする動きがあります。世界経済もようやく回復の兆しを見せはじめている
ところですから、これからのギリシャの問題については、慎重な対応をとっても
らいたいところではないかと考えます。これからもニュースを細かくみていきた
いと思います。







国際ジャーナルに出現
ROD

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル グーグルが全自動カー開発中

人間ではなく、ロボットが運転する車が開発されているそうですね。



開発しているのはグーグルで、ビデオカメラやレーダーセンサー、

レーザー式距離測定器を使い、周囲の歩行者や自動車を認識、

目的地まで自動走行するロボット自動車だそうです。



これによって、人は運転しなくて車に乗っているだけで、目的地まで

行けようになるそうです。



既に7台の実験車が、走行実験に成功している。



開発目的は、交通事故を減らすことと、渋滞解消によるエネルギー消費を

抑えることだそう。



ロボット自動車は、注意散漫にならずに、周囲の交通状況を確認しながら、

走ることが可能なため事故が減る。

そして、事故による衝突の心配がなくなれば、車体の軽量化ができるため、

エネルギー消費を減らすことに繋がる。

また、注意散漫にならない為、車間距離は最小限でも安全走行できるため、

渋滞がなくなる。

確かに魅力的ですよね。

考えれ見れば、飛行機だって今は自動操縦です。

車も自動という考えは、理にかなっているということになりますよね! 



早くの開発を楽しみにしてはいますが、金額が高いとやはり購入には待った!

が、かかったしまうかも。。

できるだけ価格は安く提供、宜しくお願いします(笑)


報道通信社・報道ニッポンで知るチーム・マイナス6%
国際ジャーナルを手にして

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 報道通信社の報道ニッポンより賃貸トラブル

報道通信社の報道ニッポンに、「急増する賃貸トラブル」という記事がでていました。

私も約10年間賃貸に住んでいましたが、
近隣の方が時々夜中に大きな声で話をするため、その声で目を覚ましてしまうことは時折ありましたが、
運良くそれほど大きなトラブルには見舞われませんでした。
しかし近年、ちまたではさまざまな賃貸トラブルが後をたたないと言われています。

特によく聞くトラブルが、「退去時のハウスクリーニング費用を借主に負担させる」というものです。
通常、退去時は原状回復義務がありますが、その原状回復の程度があいまいに理解されていることが
問題になるようです。
原状回復義務のもともとの意味は、「物件内に持ち込んだものの撤去義務」であり、
国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」においても、「入居当時の状態に戻すことではない」とされています。
したがって、借主は、退去時には通常の清掃を行えばよく、プロの業者のハウスクリーニングを行う義務までは課されていないといえます。

そういった法律の細かい点については、一般の借主は知識がないことが多く、
また部屋を汚してしまったりしたうしろめたさも手伝って、
言われるがままに必要ない費用を払ってしまったりすることもあるようです。

賃貸トラブルを減らし借主の権利を守るためには、
悪質な業者の監視体制が必要であるだけでなく、
借主がトラブルを相談できる窓口などを増設する試みが必要なのではないかと思います。

報道通信社.com | 報道ニッポン | 国際通信社グループ (国際ジャーナル 現代画報)
現代画報の日々取材

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 歴史ある高級品が発見

大阪市中央区瓦町の大坂城下町跡の下層で、奈良時代終わりから平安時代初めの高級品、

緑釉(りょくゆう)陶器の破片が、市博物館協会の発掘調査で出土したのだそうです。
「火舎(かしゃ)」と呼ばれる特殊な火入れで、全国で十数例しか知られていないそうです。
市博物館協会は「遣唐使が中国から喫茶の風習を伝えたとされる時期にあたり、茶道具の
可能性がある」としています。

この破片は縦9センチ、横7センチだということです。火舎の上部に当たり、口径約20センチ
、高さが約25センチに復元できるそうです。内側には火を受けた痕跡があり、胴につばを
巡らせた羽釜とセットにして、お湯を沸かしたということです。

大阪文化財研究所の主任学芸員は「茶道具だったとすれば、迎賓館的な施設で茶がたしなまれ
ていたのではないか。大陸から伝わった茶文化に、考古学的な証拠から迫る成果になる」と話
していました。

今の時代に、歴史ある、それもかなり歴史を感じる物が発見されると、不思議な気持ちになり
ます。私が学生時代に歴史の教科書に載っていた写真の物が今になって発見されるのです。
このような歴史あるものを発掘される専門家というのは、きっとその魅力を必要以上に感じ
取っているからこそ、続けておられるのでしょう。

今後も、どのような歴史ある物が発見されるかわかりません。私は専門家ではないのですが、
発見されたというニュースがまた報じられたときには、私もまた不思議な気持ちになるので
しょう。




tigers.ebb.jp
bis-press.net | 国際ジャーナル | 国際通信社 | 詐欺と情報セキュリティ
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル ダンス

国際通信社国際ジャーナルに「クラシックバレエ ちゅちゅ」
というバレエ教室の先生のインタビュー記事が掲載されてい
ます。バレエといえば熊川哲也さんが有名なことぐらいしか知
識がありませんが、一度は見てみたいと思っています。ちょっ
と敷居が高いイメージがありますが・・・。私は特に体がかた
いので、クラッシクバレエをやっている人の柔軟性には感動し
ます。プロの人は小さなころから、体をやわらかくする柔軟運
動を痛みに耐え、がんばっているのではないのでしょうか。
クラッシクバレエほど敷居は高くないとは思いますが、体を使
った表現で、最近私の友人がはまっているのが、タップダンス
です。北野武さんが映画でやったりして、話題にもなりました
が、リズムがここちよくてとっつきやすいですよね。友人曰く
、結構教室もいろいろあるらしく、女性の方が圧倒的に多いの
だとか。みんなで練習して発表会などもやるらしく、何人かの
人数でやるときはタイミングを合わせなければいけないので練
習が大変だと聞きました。タップダンスの方はあまり柔軟性が
必要ではなさそうなのでどちらかというと自分でもできそうな
気がしますが、奥様方の中に男性一人でがんばるのは少し勇気
が必要かと。




経済情報誌 国際ジャーナル 2008年11月号のご案内 | 国際通信社
movies.weblog.tc

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 男性用洗顔料

肌のお手入れをしているのは決して女性だけではありません。男性も肌のお手入れをしている方が
多いかと思います。
先日ある新聞に「男性用洗顔料」の特集が載っていました。顔の脂分やニキビ予防など肌のお手入れ
に関心を持つ男性がやはり多いとのことです。
こうした傾向を反映して、若い世代を中心に石鹸ではなく「男性洗顔料」を使う人が増えているのだ
そうです。もう、「石鹸でパッと洗う」という方法は古いのでしょうか。

脂をすっきり落とす爽快感が特徴の商品ばかりではなく、肌への刺激を抑える商品もあり、品揃え
豊富です。あるスーパーでは、女性化粧品コーナー顔負けの「男性化粧品コーナー」が大きく設け
られています。

この男性用洗顔料は1990年前半から店頭に並ぶようになったそうです。ある大手化粧品メーカーの
調査によると、2008年度の男性用洗顔料の市場規模は69億円で、2004年度比で30パーセント増えた
そうです。15歳から30歳代の使用率が7割に上るが、仕事の現場でも「見た目が大事」と考える中高
年男性も増えてきているのだそうです。メーカー各社は市場規模はさらに拡大するだろうと期待して
いるそうです。
皮脂やニキビに関する悩みを解消するための洗顔料、肌の黒ずみ対策を重点に置いた洗顔料、テカリ
やほてり、乾燥対策の洗顔料など、女性用洗顔料にもあるような豊富な種類です。

「美容は女性の永遠のテーマ」と言われていますが、男性にとっても「美容は永遠のテーマ」なの
かもしれませんね。




国際ジャーナルとの出会い
opem-press.org | 国際ジャーナル | 国際通信社
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 鎮静の青

現代画報に「青色の灯が街を守る!?」という記事が載っていて、そう言えば我が家の周辺の街灯は青いけど・・もしかして防犯と関係があるのかな?と思って、調べてみました。イギリス北部の都市グラスゴー中心部のブキャナン通りという商店街で、景観を良くするためにオレンジ色の街灯を青色に変えたところ、犯罪が激減したそうです。他に要因は無く、青色が犯罪抑止効果があることが分かりました。この現象に対し、日本でも青色電灯へ移行する都道府県が増えて、我が街も採用したのでしょう。2?3年くらい前から変わったと思います。クリスマスの頃だったので、演出なのかなとボンヤリ思ってましたが違ったのね(遅)。
でも色だけで犯罪が激減?ちょっとビックリする話です。暗いと、波長の短い青色の電灯は遠くまで光が見えやすい、つまり人通りが少ないところでも人が歩いているのが目立つ、目立つということは犯罪者にとってはやりにくいですよね。それに、青色は気持ちを落ち着かせる効果があり、実際に、青色を見ることで血圧が下がったり脈拍がゆっくりになるそうです。脳の神経伝達物質であるセロトニンという鎮静効果のあるホルモンも分泌されて、興奮状態を沈め、不安な感情を抑えることが出来るので、衝動的な犯罪がぐっと減るというわけです。へえええ。ちゃんと科学的な根拠があるんですねえ。青と言っても暗い青よりも、青味がかった白ぐらいの方がより効果があるとも言われています。我が家の周りの街灯はどっちかというと白味がかった青という感じ。なんというか、やる気も削ぐけど寂しい印象、寒々しいです。まあこれで犯罪が
減るっていうならいいかな?。





あんそにの国際ジャーナル
現代画報社 高齢者を襲う事件(詐欺、火災、地震)

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 保育園での昼寝のあり方

働くお母さんにとって、ありがたい存在なのが「保育園」だと思います。
ここのところは、共働きを希望するお母さんが増えています。
理由は、以前に雑誌「現代画報」にも載っていたことがある「不景気」です。
共働きをしたいのになかなか保育園に入園できないという「待機児童」の
の問題も大きく取り上げられています。

この保育園の日課として実施されてきた昼寝を見直す動きが広がっている
ということです。特に体力のついた4、5歳児クラスで取りやめる例が出てきた
そうなのです。早寝早起きのリズムができやすくなって就学準備につながるなど、
保育園での昼寝の見直しは利点も多いようです。

本来、昼寝というものは子供の体調管理や夜の睡眠を補う目的で保育園では長年実施
されていたのです。保育士が保育記録をつけたり休憩したりする時間にも充てられて
きました。
が、ある保育園で5歳児の昼寝を取りやめたところ、就学に備えての生活リズムを
身につけさせることができるようです。保護者からも「夜、自分から布団に入るように
なった」などと歓迎の声が聞かれるということです。
体力のついた5歳児などに昼寝をさせると「夜になかなか寝てくれない」という声も
あがっているようです。

私の子供も体力がついてきた年齢なため、昼寝をすると夜になかなか寝ないのが現状
です。今は昼寝をすることよりも「遊ぶ」ことが楽しいようで、子供自身も昼寝の
時間を忘れてしまうほどなのですが・・・


国際ジャーナルの願い
現代画報 時計をあげる詐欺/現代画報社

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 女性宮司

大阪市の鶴見区というところに、若い女性宮司がいるそうです。
南北朝時代に創設された横堤八幡宮の29歳の女性です。
神社の行事を差配しながら優しい笑顔で氏子などの相談を受けるそうです。
神社本庁によると、20歳代の女性宮司は極めて珍しいということです。
女性宮司は、「誰の相談も受け止める女性らしさを大事にしながら、宮司の
本分を全うしたい」と話しています。そして夢は「保育園をつくり、親子関係
を見つめなおす活動をすること」だそうです。

神社本庁広報センターによると、2008年12月現在、全国には約7万9000
社の神社があるそうですが、各社の最高責任者の宮司は男性が約1万人、そして女性
が約600人だそうです。大阪府内では男性が約300人に対して女性は約20人に
とどまっています。
年齢に関するデータはないようですが、20歳代の女性宮司はほとんどいないという
ことでした。

様々な場で女性が活躍している時代です。女性宮司がいても珍しくはないはずですが、
若い年齢でというのが、私は同じ女性として、とても素晴らしいと思っています。
多くの人が多くの悩みを持っていると思います。多くの人たちの心の傷を癒してくれる
役割というのはとても大きな存在でしょう。
今後も、この女性宮司の活躍を心から期待しています。
どのような女性なのか、実際にお会いしてみたいという気持ちにもなりました。


現代画報 | 現代画報社 | クリックジャックという名の詐欺
現代画報の取材で・・
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 七五三

現代画報社の現代画報には、今の季節ならではの紅葉の写真を表紙に使用されていたと記憶しています。
地域によっては、まだ色づいていないところもあるかもしれません。11月の上旬は、急に寒さが
訪れましたが、寒さ対策をして紅葉を見に行く方も多いでしょう。

またこの時期になるとあちらこちらで見かけるのが「七五三」を迎えた家族です。
最近になって頻繁に見かけるようになりました。早い方は10月上旬には七五三をされるのだという
ことを以前、近所の神社の方に聞いたことがあります。もっと早い方では9月に入ってされる方も
いるようなのです。
女の子は鮮やかな着物を着て髪の毛も可愛く結ってもらっている姿、男の子はりりしくスーツ姿
だったり袴を身につけて格好よく歩いている姿を見かけるのです。
男の子、女の子も普段着慣れない着物、着物姿の際に履く草履でぎこちない歩き方になっている
ので可愛いなと思ってみています。

先日も、七五三の家族を見かけました。ピンク色の綺麗な着物を着た女の子がお母さんと手をつな
いで歩いているのですが、草履が歩きにくいのでしょうか。何度もつまづいてお母さんに助けてもら
っていました。
私の子供は女の子なのですが、今年七五三を迎えます。今では便利なレンタルがあるようなのです
が、私が七五三の時に着た着物を着ることになっています。着物にも時代の流れがあるのでしょう
か。よく見かける七五三の着物は色が明るく、着物全体に模様が描かれてあるものが多いように
思います。私の子供が着る着物は、年代物なので少々シックな色と模様かもしれません。

ですが、私が着た着物を自分の子供が着るというのは言葉で表すのは難しい感動があります。
大事に保存してくれていた、私の母のおかげですが・・・。

季節によって行事があり、楽しんだり喜んだりすることができる日本。日本人でよかったと思う
のです。



国際ジャーナルで読み解く
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年6月号のご案内

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル コーヒーがもたらす健康効果

現代画報社の現代画報に、「あなたは知っていましたか??コーヒーがもたらす健康効果?」
という記事が出ていました。
健康、不健康に関わらず、コーヒーが好きで毎日2,3杯は欠かさず飲んでいる私にとって、
もしコーヒーに健康的要素があるならば一石二鳥です。

さっそくコーヒーがもつ健康効果を調べてみたところ、
・胃の働きを促進
・美肌効果(抗参加物質、利尿作用、新陳代謝促進作用等)
・二日酔い防止効果(肝臓の働きを活性化)
など、ちょっと調べただけでこんな効果があることが分かりました。
どれも、私の日常に大変重要な効果ばかり・・・
私がコーヒー好きなのも、
体が自然にこういった効果を感じて、求めているからかもしれません。

報道ニッポン再発見
国際ジャーナル|国際通信社・報道通信社・現代画報社
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル これからの自動車業界の再編について思う

このところ、国際ジャーナルなどの雑誌では、世界的な自動車業界の再編が話題
になっているのではないかと感じています。例えば日本の日産自動車・フランス
の自動車大手ルノー連合と、ドイツの自動車大手、ダイムラーの再編話はその典
型的な事例です。この3社ですが、お互いの株式を3%程度ずつ保有する方向
で、再編の話を進めているというニュースを見ました。とうとう最終的な調整に
入ったのではないでしょうか。この再編によってどのような効果が期待できるの
でしょうか。会社の規模が大きくなりますから、部品の共同調達や共通化などに
よるコスト削減が期待できます。さらに電気自動車を含めた、環境技術での協力
などを目指しているそうです。その他には資本関係の取り決めも必要です。これ
については3社間における資本の持ち合いが有効という経営半判断を得たことに
なります。この提携が実現すればどのようになるでしょうか?日産・ルノーとダ
イムラーの新しいグループによって、フォルクスワーゲン(VW)・スズキ連
合、トヨタ自動車に次ぐ、世界3位の規模になる事が予想されています。まさに
自動車業界の勢力図は、目が離せない状況になってきているのではないかと思い
ます。







報道通信社|報道ニッポン
国際ジャーナルが発刊

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル アンパンマン

「アンパンマン」という漫画をご存知でしょうか。
多くの子供は、一度は好きになるキャラクターだと言われているそうです。

先日、この「アンパンマン」が単独のアニメーションシリーズにおけるキャラクター数で
ギネス世界記録認定を受けたそうです。キャラクターの数は1700以上あるともいわれているそう
で、放送開始から今年でなんと21年目に突入するのだそうです。
我が家の子供もアンパンマンが大好きで、テレビを見ては喜んでいます。また、家の中にも
アンパンマングッズが並んでいる状態なのです。

先日、あるテレビ番組でアンパンマンの紹介がされていました。
アンパンマンは、水や泥をかけられると動けなくなってしまうのです。その時には、ジャム

おじさんがアンコとパン生地を使って新しい顔を作ります。顔を付け替えたアンパンマンは
元気を取り戻すのです。
しかし、時にはアンコやパン生地が手に入らない事も起きるのだそうです。
例えば、代用品でアンコの代わりにクリアンを使ったら「クリアンパンマン」、パン生地の代わり
に餅を使えば「だいふくまん」というように、代用品を使えばまた違ったキャラクターに変身し、
元気を取り戻すのです。見た目は「アンパンマン」ではなくなってしまうのです。
ほとんどテレビでは見られない光景なのだそうですが、まれにテレビで放送されるのだそうです。

作者のやなせたかしさんが言うには「完全な人は誰もいない。今できることをがんばってやれば
いい」とのことなのです。完全でなくても、必死に立ち向かう姿を子供たちに見せたかったのだ
そうです。
これを聞いて私は感動しました。今私ができること・・・それは、自分の子供を育てることでしょう
か。我が子には何か1つでも得意なものを見つけてほしいと親子で探しているところなのです。
みなさんは、「今できること」は何だと思いますか?



tiara.happy.nu
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年1月号のご案内 | 現代画報社

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 本を読む人が・・・

ある新聞社が読書に関する全国世論調査を行ったそうです。
時期は9月25日から26日に面接方式で実施されたそうです。
結果ですが、1か月間に1冊も本を読まなかった人は52パーセントだったそうです。
この質問を始めた1980年以降では、2002年の54パーセント、昨年と1998年
の53パーセントに次ぐ高い割合となったそうです。

読まなかった理由としては「時間がなかった」が46パーセント、そして「読みたい本が
なかった」21パーセント、「本を読まなくても困らない」が16パーセントなどの順に
多かったようです。

また、ここ最近「電子書籍」という話題がテレビや新聞などでも取り上げられているように
思いますが、この電子書籍について聞いたところ「利用したことがあるし、今後も利用したい」
が6パーセント、「利用したことはあるが、今後は利用したいと思わない」が3パーセント。
利用者の割合は昨年から大きな変化はなかったようです。
ただ、「利用したことはないが、利用してみたい」は25パーセントに増えて、「利用した
ことはないし、利用したいと思わない」が65パーセントに減ったのです。

私の個人的な意見としては、子供を出産してからは「読む時間がない」から本を読まなく
なってしまいました。それまでは1日1冊が当たり前だったのですが・・・。
雑誌も読まなくなってしまったのが現状です。そのような人も少なくはないと思います。
国際通信社からも雑誌が発行されていると思うのですが、時間がないのが残念です。
もともと本を読むのは好きなほうなので、少しでも自分の時間が持てるようになれば
また読み始めたいと思っています。


国際ジャーナルと報道ニッポンと現代画報
商法総則 by 国際ジャーナル
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 事業仕分けの成果を考える

菅首相はこれからの政権運営において、税金の無駄使 いの廃止を目標としてい
ますが、その中で注目されているのが、事業仕分けだと思います。その成果につ
いては賛否両論あると思います。単なるパ フォーマンスではないいかという批
判もでていますが、実際のところはどうなんでしょうか。国際ジャーナルでも、
この事業仕分けの評価について は、どのように考えているのか、是非提言をし
てほしいと思います。最近のニュースで話題になった行政刷新会議による特別会
計を対象にした事業 仕分けですが、あまり成果はなかったと思います。実際
上、重点施策の財源としてターゲットになった「埋蔵金」の発掘は、それほどで
きなかった からです。今回の事業仕分けで廃止や予算縮減の判定が出た一部特
会については、本当にその決定が守られるのでしょうか。事業仕分けの位置づけ
が、国民にとってもわかりにくいものになっていると思います。いずれにして
も、政府の目論見は、おもった通りには進んでいない印象がありまし た。これ
から、消費税の税率アップの論議も始まるかもしれませんが、果たして国民に対
する説明がきちんとできるのか心配なところもあります。 これからの政権の動
きに注意したいところです。





国際ジャーナルの願い
国際ジャーナル/報道ニッポン/現代画報

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 不況下における新しい需要創出の必要性

これからの日本経済の動向については、個人消費がポ イントになってくると思
いますが、経済がグローバル化したという点から、世界経済が本格的な不況に突
入している状況が気になるところです。こ のような状況において、モノが売れ
ない事が多くの企業にとっても最優先課題になっているのではないかと思いま
す。国際ジャーナルでも、これか らの産業育成などについては、積極的な提言
を行って欲しいところです。不況になるとモノが売れないくなりますが、その対
処はどのようにすれば いいのでしょうか。これについては深く掘り下げて考え
てみたい問題です。不況経済においても、売上を上げることに苦しむ企業が多く
存在してい る一方で、確実に売上げを伸ばして、業績を上げている企業が存在
しているのも事実です。ですから、各企業の努力によって、不況経済下において
も、業績を改善することは可能であるという仮説は、充分に成り立つのかもしれ
ません。世界的な不況時代において、個人消費のモチベーションも 下がってく
るのは仕方ない面もあると言えます。しかしながら、個人消費が全くなくなるこ
とは、どう考えてもありえないと思いますから、政府も 新しい需要創出を考え
て欲しいところです。






報道通信社の報道ニッポンの民法商法を読む
経済情報誌 報道ニッポン 2009年7月号のご案内

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 何でもかんでも

報道ニッポン10月号の時事特集は「ネット選挙運動解禁へ向けて」ですね。もう何でもかんでもインターネットがあれば事足りる時代なのかなと思います。ネット利用人口が9000万人を越えた現在、戦前の公職選挙法では時代錯誤ということなんでしょうか。まあ それで政治資金や税金の無駄遣いやらが減ってくれるならそれにこしたことはないです(ネット上を席巻するぐらいの活動を行うにはそれなりの資金が要るとは思いますが・・)。若者の政治および投票離れの一助にもなるかもしれません。でも、世界中のコンテンツを閲覧できる環境下にあって、わざわざ政治家のHPや動画を敢えて見たいという有権者を増やすのって、そんなに簡単なことでしょうか?それに、テレビのように半ば強制的に画面に映る政治報道を見るのとは違って、インターネット上は自由に見られる分より厳しい取捨選択がなされているわけですから、やり方によっては見てもらえる候補者と全く相手にされない候補者との差異がかなり激しくなるだろうと思います。いや それも選挙活動をどうやっていくかという戦術の一つだから、と言われてもねえ。イマイチ納得できません。オバマ・・魯優奪箸鮠綣蠅僕・僂靴鴇,辰燭箸澆鵑併廚辰討襪澆燭い世韻鼻ΑΑ・泙◆〆・世辰謄優奪半紊燃得・泙離泪縫絅侫Д好箸魍稜Г靴燭蠅呂任?泙垢・蕁△海譴・オ鸚錣砲覆襪箸匹κ僂錣襪里・B膽蠍〆・汽ぅ箸離肇奪彳芦茲妨・篌圓隆蕕・个討・襪茲Δ砲覆襪世韻犬磧∈・箸△鵑泙衒僂錣蕕覆い隼廚い泙后・・・・・
rex.xrea.nu
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年1月号のご案内 | 国際通信社
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心?VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人?地域で活躍する職人たち?」「心のふるさと?社寺めぐり?」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
フリーエリア
プロフィール

2oo9

Author:2oo9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。