スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル|またひとり

またひとり、どうしても生きたかった人が亡くなってしまいました。歌手の川村カオリさん、享年38歳。33歳で乳がんになり、左胸の摘出手術を乗り越え、音楽活動を再開していましたが、昨年再発、肺やリンパ節へ転移していることを告白しました。闘病しながらも今年5月にはニューアルバムをリリースし、コンサートも行なって頑張っていたのに。7月始めに再発再入院、治療の甲斐なく、28日に永眠されました。
高校生の時、川村カオリさんが好きな友達から「campfire」というアルバムを借りて聴いたのが、川村さんの音楽との出会いでした。以降はあまり聴いてなかったけれど、心のどこかにその時の歌の想いが残っているような気がします。
再び彼女の名前をよく見聞きするようになったのは、不幸にも「乳がんと闘う女性ロックシンガー」としてワイドショーで騒がれた頃でした。そのとき、川村さんには小学1年生のお子さんがいて、「ママの中に悪い虫がいてね・・寝てばかりだけどごめんね」と話しているとインタビューで答えていて・・・あまりにも悲し過ぎた。自分にも同じ歳の子供がいて、すごく辛いことがあったとき、この子より先に死んでもいいと頭の中で一瞬でも考えてしまった自分の弱さを恥ずかしく思いました。小さな子供をおいて逝く日が来てしまうかもしれないとずっと思い続けることの苦しさ。どんなに無念だったか。彼女は決して諦めていなかったのです。
それは彼女のブログを読んでいて、本当に良く分かりました。
今年は人々に愛され続けた音楽人が何人も逝ってしまっています。冥福を祈るしかないけれど、音楽は生き続けるということを私たちは良く知っているから。川村さんも安らかに眠ってください。



国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
スポンサーサイト

国際ジャーナル|本当に欲しいもの


景気底入れ宣言がなされたけど、雇用は悪化しているようです。今年度末には失業者数は戦後最悪の5.5%を越えると見込まれているとか。頭が自民党から他の党に変わっても、そう簡単にこの不況を乗り越えられるとは到底思えない。皆今のままじゃダメだと思いながらも、根っこは国に頼るしかないから税金だって払うし、法律だって守ってるわけですが。
報道ニッポンが再生日本で特集を組んでいたけれど、この国を再生することができるのは、もう政治の力ではないのかもしれないと思うのです。もっと「専門的」で、もっと「身近なこと」で、もっと「世界的なこと」、「普遍的なこと」ではないかと。それは「食」であったり、「音楽」であったり、「教育」であったり・・私たちが本当に欲している環境をつくるためには、私たち自身が立ち上がり、やらなくちゃいけない。
例えば、あの夕張国際映画祭は、夕張市の財政破綻から一度は打ち切りになったけれど、映画を愛する人々の手によってNPO法人の認可を受けた団体によって「再生」しました。結局は政治だ行政だと言う人がいるかもしれない。でも援助を勝ち取るための努力に気づいたのは、政治家ではないでしょう。
道路が欲しいのは誰でしょうか?ダムが欲しいのは?大きくて立派なカラッポの施設が欲しいのは誰なのでしょう?綺麗事を言う気はないけれど、きっと本当に欲しいものは単純なものだと思うのです。家族が努力した分だけ笑って暮らしていける富、病気になっても闘えるだけの環境、子供を産んでも大丈夫だと思える世界・・。全ては「自分のためだけではないもの」を皆で作っていけるか、ということなのかもしれません。

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

国際ジャーナル|買い替えの時期


家電の買い替えの時期はいつですか?良さ気な新商品を見つけたから?前から欲しくて貯金していた?それとも壊れて仕方なくですか?
我が家の場合、だいたい最後のパターンです。。あれーおかしいな調子悪いなと気づいてから騙し騙し使い続け、酷使した結果、ある日突然お亡くなりなる。まあ、ある日突然と思うのは自分だけで、家電のみなさんは日々悲鳴をあげてた訳ですが。
そんな調子で10年選手のボロ掃除機を使っていたら、今朝とうとう「ゴエーーーーーーーッ」とバイクのエンジンが高速回転するような音を出すではありませんか!ものすごい音に焦りつつも、どこがおかしいのかとアッチコッチ調べてみましたが、さーっぱり分かりません。。ただ、吸引力は衰えていないようなので、とりあえずゴエーゴエーと爆音を立てながら掃除してしまいました。いやー明日からどうしよう・・。給料日まであと少し、拭き掃除で乗り切るしかないようです。。炊飯器と洗濯機も怪しいんだけど・・。
だいたい、結婚して10年ともなると、一緒に嫁入りした家電たちも10年、その前から使っていた冷蔵庫なんかもう買ってから15年近いのです。ガタがきても仕方ない。夫婦関係にガタがきても・・まあ仕方ないです(おいおい)。
でも買い換える時に粗大ゴミを出すのは精神衛生上良くないですね。すごく悪いことをしている気分になります。10年使ったからいいや、じゃなくて、もっと大切にすればさらに5年10年お付き合いできるって思うようにしたいですね。


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

国際ジャーナル|大漁旗

この間、書店でたまたま目に留まった雑誌がありました。国際
ジャーナルという雑誌です。もともと、私自身読んだことのな
い雑誌だったんですが、なぜ、目に留まったかというと、漁船
がたくさん写っていて、そこにはたくさんの大漁旗が風になび
いていたんです。雑誌の特集記事は「食卓から魚が消える?―
国産水産物消費のススメ」となっていたのですが・・・。私、
大漁旗を見ると思い出すんです、大学の応援団を。応援団とい
うと、大学生になったにもかかわらず、暑苦しい学ランを着て
、時代錯誤の硬派を決め込んでいるあの組織です。こうやって
書いていると、すごく私が応援団に悪い印象を持っているよう
に見えるかもしれませんが、実はその逆、大好きなんです。一
度、応援団の演舞というのを見たことがあって、とっても美し
かったんですよ。しかも、応援団のえらい人が演舞をやってい
るところの後ろの下級生の応援団員が必死に盛り上げているの
が、また良いのです。応援団というと、東京大学さんや東京農
業大学さんが有名ですよね。たまに、夕方のニュースなどで、
ドキュメンタリーをやっていますがいいんですよね、振り切っ
てる感が。青春しているね?君たち!みたいな感じが非常によ
いのです。



国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

国際ジャーナル|就農ブーム

長引く景気の低迷により雇用失業情勢はますます厳しくなり、完全失業率は上昇を続けています。
5月度の完全失業率は5.2%となり、過去最大の増加幅で悪化を示しました。

そんな中、職業観やライフスタイルに関する価値観の変化等を背景に、

近年農業法人への雇用、自営就農などにより農林漁業などをしごとや生きがいのための選択肢として希望する方が増えているそうです。



とりわけ昨今では、農業に興味を持つ若年層の増加が目立ち、

所謂「農業ギャル」と呼ばれる若者が出現するなど、農業が一種のブームとなっています。

なかでも記憶に新しいのは、「ギャル社長」と呼ばれる藤田志穂さんが手がけた農業プロジェクト「ノギャル」です。

渋谷で召集されたギャルたちが、秋田の農村で、斬新なギャル向けの農作業服に身を包み、

楽しそうに農作業を行う姿はかなり印象的でした。



流行の発信基地である渋谷の若者たちがこのような活動をすることにより、

農業が今までよりずっと身近に感じられ、

農業に対するイメージをかえるきっかけには大いになったのではないかと思います。



しかしながら農村では、最近のこのような状況の捕らえ方は複雑です。

農業に興味を持ち、農業をやってみたいと考える若者が増加することは、

なんとなく暗いイメージが先行していた農村を盛り上げることにつながり喜ばしいのですが、

その反面、安易な気持ちで農業に足を踏み入れる人が多くなったことは悩みの種のようです。

中には、長年派遣社員として働き、言われたことだけをやる、という癖がついてしまったことが原因なのか、

農業という新しい分野に研修に来ているにも関わらず、

自分で努力して勉強したり、農機具の使い方を自主的に練習したりする姿勢を見せることすらせず、

給料が安いと言ってすぐに挫折し農村を後にする若者もいるそうです。



農業は決して楽で簡単なものではなく、体力も必要ですし、

収穫が天候に左右されたり、虫の被害があったり、

オフィスワークをしている私たちには想像できないさまざまな障害に悩まされることも考えられます。

農業をやろう!と考えている人たちは、表向きの楽しく明るいイメージだけでなんとなく決心するのでなく、

まず雑誌やあらゆる情報源で農業の実情を調査し、実際に農業体験などを行い、

本当にやっていけるのか?をしっかり見極めたうえで強い意志を持って足を踏み入れて行くべきだと思います。

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

報道ニッポン|西日本週末旅行

今月後半の週末に、博多にいる大学時代の友人の結婚式に参加します。
大学時代のほとんどをともにすごした友がついにハッピーウエディング・・・。
大学卒業後は関西と九州に分かれて就職したため
ここ5年はほとんど会うことができなかったけれど、
報告を聞いた時はほんとうにうれしく心が躍りました。
早く友人のウエディングドレス姿が見たくてうきうきしています。

しかしながら、結婚式に参列となると、
とってもおめでたいことではあるのですがなかなか費用がかさみます。
ご祝儀、ドレス、ヘアーセット、それに加えて博多で挙式となると、
関西からの往復交通費もかなりの額。
月末だけに、少々気になるところです。

そこで、なるべく交通費を安く抑えることができないかと
いろいろな方法を調査してみました。
週末高速道路定額1000円制度も、車がない私には選択不可。
日帰りしたいので高速バスも無理。
そうなると、やはり往復3万円弱で新幹線・・・・・・・と思いきや、
見つけました、お得な切符「JR西日本パス」。
なんと、週末2日間、2名で新幹線、特急を含む西日本の指定のライン乗り放題で12000円!
しかも、4回までは新幹線の指定席もOKとのこと。
半額以下で博多に行けるとなると、利用しない手はないでしょう。

このお得な「JR西日本パス」は、7月3日?8月3日まで週末利用可能だそうです。
高速道路料金定額1000円で、お車での週末旅行が主流になっていますが、
渋滞や運転疲れもない電車・新幹線で旅行も検討してみてはいかがでしょうか?


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

国際ジャーナル|3人乗り自転車が解禁

7/1に3人乗り自転車が解禁になったというニュースが朝から晩まで流れました。

3人乗り・・・というのは、自転車を運転する人以外に前と後ろに子供を乗せる
タイプのものです。

だいぶ前には、「3人乗り禁止」というニュースがテレビや新聞、そして報道ニッポン
でも紹介されていたかと記憶しているんですが・・・。
理由は、やはり前と後ろに子供を乗せると自転車のバランスが悪くなって非常に危険
であるということだったと思います。

でも、テレビの報道でインタビューを受けていたお母さんというのは「自転車は、
日常とても大事なものなんです」と言っている方が多かったですね。
幼稚園の送り迎え、子供の習い事、買い物・・・。お母さん達は、行くところが
たくさんありますからね。

ある番組の実験で、家からいつも行っているスーパーの往復を自転車を使わずに子供2人
を連れて歩いていくということをしていました。
ちなみに、お子さんはまだ2歳と5歳くらいだったと思います。2人とも男の子でした。


国際ジャーナル
国際通信社
現代画報
報道ニッポン
報道通信社

スーパーでは、晩御飯のおかずや子供のおやつ、ジュース、そして紙おむつ。
ついでに、パパが飲むビール・・・。
これを買ってからまた家まで歩いて帰るのです。子供達は、遊びながら帰るので
1人はあっちへ行き、もう1人はこっちへ行き・・・。後ろから、自転車に乗ったおばさん
に「リンリン」とベルを鳴らされたり。両手のふさがったお母さんは
「待ちなさい」や「もう、早く帰ろう」と言いながらやっと家に到着。
普段、家からスーパーまでの時間が10分くらいだったのが30分以上・・・。
しかも、両手には重い荷物・・・。
そのお母さんは「やっぱり、自転車がないと買い物はつらいです」と嘆いていました。

やはり、まだ小さな子供が2人いると歩いての外出がつらいときもありますよね。
自転車ほど、便利なものはない・・・と私は思っているんですよ。

ただ、7/1に解禁された3人乗り自転車、6万?10万以上するそうですね。
もっと安くなったらいいのにな・・・と思っているんですが、メーカー側は「安全を重視
して作ったものなので、値下げは難しいですね・・・」と言っていました。
それは、残念・・・。

フリーエリア
プロフィール

2oo9

Author:2oo9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。